• Slide 1
  • Slide 2
  • Slide 3
  • Slide 4
  • Slide 5
  • Slide 6

アブドッラー国王翻訳・アラビア語化研究所主催 翻訳セミナー開催


 2017年4月19日(木)、20日(金)の二日間にわたり、アラブ イスラーム学院において翻訳セミナーが開催された。本セミナーはサウジアラビア王国アブドッラー国王翻訳・アラビア語化研究所の主催により行われ、国内外の翻訳関係者ら約30名が出席した。 サーミー・ハーミド博士は講師を務める中、参加者からはどのように翻訳スキルを高めたら良いかなどの質問が多数寄せられた。
最終日には同研究所の所長のアハマド・アルビリヤーン博士、副所長のスレーマーン・アルスハイバーニー博士より参加者にセミナーの修了証書が手渡された。また、本セミナーの後援を行ったアラブ イスラーム学院のナーセル・アルオマイム学院長と様々な技術サポートを行った学院長室室長のアーデル・アルギーラーニー技師に記念品が贈呈された。  
  • アブドッラー国王翻訳・アラビア語化研究所の概要

    設立と沿革


    イマーム・ムハンマド・イブン・サウード・イスラーム大学における翻訳・アラビア語化研究所開設を高等教育評議会が決定し、アブドッラー国王の承認を経て発足。2011年12月26日に研究所長が任命され、運営が開始される。2013年5月26日、アブドッラー国王翻訳・アラビア語化研究所と名称変更。通訳、翻訳、アラビア語化、研究、翻訳トレーニングなどにおいて、サービスを提供する。

    目標


    非アラビア語話者に対するアラブの知的財産の提供において、パイオニアとなる。また、様々な分野の知識をアラビア語に翻訳し、それをアラビア語話者に伝達する。

    使命


    アラビア語翻訳分野における優秀な人材に依拠した基盤をつくり、社会における諸部門のニーズを満たすべく、本大学の専門分野で複数言語での理論・応用分野の知識を充実させ、本大学の普遍的メッセージを実現させる。

    活動


    -サウジアラビア国内の大学や研究機関における、司法・人文・社会分野での学者・研究者の学術的成果を世界中に発信する。
    -先進国との知的交流、異文化・異宗教対話のサポートという、アブドッラー国王の目標達成に貢献する。
    -書籍や学術参考文献のアラビア語訳を通し、大学の専門分野における文化的・知的コンテンツを充実させる。
    -学術専門用語の翻訳とその標準化と普及作業や、学術専門用語の辞書作成を、大学の学術部門や研究機関と共同して行う。

    [ Return to News ]