• Slide 1
  • Slide 2
  • Slide 3
  • Slide 4
  • Slide 5

豊根村サウジアラビア王国交流促進委員会


2017年2月1日(水)、豊根村サウジアラビア王国交流促進委員会の新木正明委員長ご夫妻と山本明弘事務局長がアラブ イスラーム学院を訪れ、アハマド・アルワヘイビー学院長代理と対談を行った。 愛知県北設楽郡豊根村は、2005年の愛知万博時にサウジアラビア王国のホスト市町村を務めて以来、10年以上に渡り交流を続けており、のべ300名を超えるサウジ学生が夏と冬の交流プログラムに参加した。また、毎年豊根村の中学生の修学旅行の際には、サウジ大使館や学院を訪問している.

新木委員長と山本事務局長は豊根村の活動をビデオ等で紹介するとともに、2017年度も学院との積極的な活動の実現に向けての協力を要請した。対談後は、徳永里砂研究員とナーイフ鈴木広報室長による学院内の施設見学が行われた

[ Return to Slideshows ]