image


- 学院訪問 -

愛知県北設楽郡豊根村村議会

 2014年6月10日(水)、愛知県北設楽郡豊根村村議会議員7名がアラブ イスラーム学院を表敬訪問した。豊根村とは2005年の愛知万博時より、サウジアラビア王国と交流を続けており、豊根村とサウジの間でこれまでに述べ1000人を超える人材交流を行ってきた。

ナーセル・アルオマイム学院長は対談を行い、約10年に及ぶサウジとの友好関係の維持に対し、感謝を意を表した。熊谷行史村議会議長は、アルオマイム学院長に様々な活動支援の感謝とともに、今後のより強固な関係構築への決意を述べた。

 対談後は、アハマド・アルモワイナ総務部長、サイード・アシーリ図書館長、鈴木健広報室長らによる学院の施設見学が行われた。