活動 | アラビア語クラス |イスラーム学習 | 宗務 | 入信 | 図書室

学院の主な活動


学院の主な活動

アラブ・イスラーム学院の活動は、1)語学教育部門、2)青少年教育部門、3)研究、翻訳、文化関係活動部門ごとに行われています。

(1)語学教育部門

A)ムスリムのためのアラビア語及びイスラーム授業:この課程は、日本人を含むムスリム学生が、アラブ世界並びにイスラーム諸国にある大学、高等単科大学への就学資格を得るに必要なアラビア語とイスラーム教育を授ける目的です。学制は二年制とし、四段階に分かれ、授業時間は一週間に25時間。このコースの最終試験に合格した者には、アラビア語、イスラーム教育のデイプロマ(資格取得修了証書)が授与されます。

B)アラビア語教育一般:この課程は、アラビア人と容易に意思疎通が出来、またアラビアの文明とその価値を理解出来るだけの語学レベルを目指す。学制は二年制で四段階に分かれ、クラスの授業は一週間20時間。アラビア語はイスラーム文化に触れながら集中的に教授されます。この課程を終了し最終試験に合格した学生には、この課程の内容を明記したデイプロマ(資格取得終了証書)が授与されます。

C)アラビア語夜間授業:五ヶ月間のアラビア語夜間授業で、アラビア人と日常会話が出来るだけの語学力をつけることを意図したコース。正確な音声の伝達と語学力の上達の為に視聴覚教育施設を活用します。

(2)青少年教育部門

A)アラビア人青少年に対する教育:日本在住のアラビア人子弟が本国に帰国した折は、学校でクラスメートと協調できるように,適切な教育を提供します。

B)アラビア人以外の青少年教育:イスラーム諸国外交団子弟にアラビア語並びにイスラームの基本概念を教えます。

(3)研究、翻訳、文化関係部門

 図書館はアラビア語とイスラームに関するアラビア語の蔵書を揃えています。アラビア語とイスラーム研究に従事する学者、研究者、学生諸氏に寄与しています。順次日本語による書籍も購入予定です。この部門の活動とその目標は以下の通りです。

A)アラビア語教育と教授法に関する計画立案並びに指導。
B)テキストブックの作成と適切な教育機材の開発。
C)アラビア語教育を行っている日本の学校で遭遇する困難な個所を検討し、解決法を図る。
D)アラビア語とイスラームに関する学術研究書をアラビア語から日本語に、また日本語からアラビア語に翻訳,出版する。
E)講演、セミナー、研究集会、文化集会等を開催する。
F)イスラームを科学的見地より紹介し、イスラーム文化に興味を抱く諸団体に協力する。
G)日本国内の教育関連機関と連携を深め、アラビア語教育に関し意見の交換を図る。
H)当学院の目的を一般に公表するため、雑誌を編集出版する。
I )日本とアラブ友好のために、一般レベル及び研究機関等と友好関係樹立に努力する。






アラビア語クラス

教室 図書館 視聴覚

[ 充実のアラビア語学習環境 ]


 アラブ・イスラーム学院は、日本の首都東京に、アラビア語教育と、アラブ・イスラ−ム文化紹介の目的で設立された最初の本格的な教育、研究機関です。当学院は1982年の設立当初より日本とアラブ並びにイスラーム諸国、特にサウジアラビアとの相互理解、文化交流並びに友好関係促進に勤めてきました。

 サウジアラビア王国の国立大学であるイマーム・ムハンマド・イブン・サウード・イスラーム大学は聖クルアーンの言葉であるアラビア語の普及とイスラームの正しい理解を広めることを主眼とした教育・文化機関です。その東京分校である当学院ではアラブ人スタッフと充実した施設を基盤としたアラビア語クラスを開設、アラビア語やアラブ・イスラームに興味のある皆さんを受け入れています。

 アラブ人のアラビア語にじかに触れられる、まれな学習機関としてアラブ・イスラーム学院はこれまでに認知されるに至っています。昼間授業と夜間授業に分かれていますので、お仕事をされている方、大学に通っている方でも安心して参加することが出来ます。




イスラーム学習会

 アラブ・イスラーム学院は、一般向けのアラビア語クラスの他にも、ムスリム向けの各種勉強会を開催しています。クルアーン朗誦・暗記教室などが行われています。当ウェブサイトにおいても随時情報を紹介していく予定です。




宗務サポート

 アラブ・イスラーム学院は、在日ムスリムのサポートを行っています。皆様には学院付設礼拝ルームなどもご利用いただけるようになっています。

 礼拝(1日の礼拝、金曜日(ジュムア)の集団礼拝、イードの礼拝、ラマダーン中のタラーウィーハ礼拝など)、ラマダーン時のイフタール提供なども行っています。また、図書室にはアラビア語、英語、日本語などの豊富な蔵書が収められています。イスラームに関して調べものをなさりたい方は、ぜひ図書館をご利用ください。




入信希望者のサポート

 アラブ・イスラーム学院では、イスラームへの入信を希望される方のサポートも行っています。入信に関して相談なさりたい方は学院までお問い合わせ下さい。



図書室の利用について

 アラブ・イスラーム学院は、アラブ・イスラーム文化を学ぶ皆さまのために蔵書を充実させてきました。現在の蔵書は約1万冊。図書館の利用は学院生に限定されておりません。ビジターの方でも気軽にご利用になれます。

 なお、現在のところ、図書の貸し出しはしておりませんが、部屋には広いデスクとゆったりできる椅子が用意されており、ゆっくりと読書を楽しんでいただけるようになっています。なお、図書館には専属スタッフ(司書)もおり、専用電話も取り付けられております(内線については『お問い合わせ』ページをご覧ください:司書へのお問い合わせはアラビア語もしくは英語にてお願いいたします)。

主な蔵書

 ・クルアーン:アラビア語原典、各国語による意味解説、タジュウィード用クルアーン
 ・ハディース
 ・イスラーム法:アラビア語、英語などの法学研究本
 ・社会・地理
 ・アラビア語学:アラビア語書籍、各種学習者向け辞書
 ・イスラーム関連日本語書籍
 ・オーディオ教材:ビデオ、カセットテープ
 ・その他:各種雑誌、季刊誌、新聞




上へ





日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2002年 アラブ イスラーム学院