日・サ青年の交流


「今も続くサウディ学生とのEメール交換」
—訪サで知ったサウディのホスピタリティー—


昨年12月24日から1月9日までのサウディアラビア訪問では各地で歓迎をしていただきました。私たち11名は首都リヤードを始め、経済活動の一大拠点でもあるジェッダ、石油産業の中心地であるジュベイルとヤンブー、ダンマームの工業地帯、素晴らしい高原の風景の中の街であるターイフ、そしてイスラーム以前の遺跡群であるマダーイン サーリフなどを訪れました。

訪問する前には、その世界有数の規模を誇る石油関連産業やイスラームの聖地を有する国であること、そして広大な砂漠が広がっていること等の漠然としたイメージしか抱いていませんでした。今回の訪問でこれらはサウディアラビアのほんの一部でしかなかったことを強く感じました。リヤードやジェッダ等の各都市では整備された街並みや高層ビルに驚き、工業地域ではその規模の大きさに驚きました。また多くの日本企業が多方面で活躍していることも知りました。

何より大きかったのはサウディアラビアの人々と直接に交流することができたことです。彼らはとても気さくで好奇心旺盛でホスピタリティー溢れる人たちであると感じました。それぞれの地域では各地の高校生たちと数日を共に過ごすこともできました。彼らが日本の先進的技術開発や戦後の経済成長、そして現在の国際政治での役割についてなど、日本に対して強い関心を持っていることを実感しました。彼らとはEメールアドレスを交換し日常的なコミュニケーションが続いています。今回の訪問を通してサウディアラビアを身近に感じるようになりました。これからも彼らとの結びつきを大切にしていきたいと思っています。

山田 岳司(慶應義塾大学総合政策学部4年)


ジュベイルの石油コンビナートを見学 ジェッダの元諮問評議会副議長ナスィーフ氏宅にて(前列左端が筆者)
ジュベイルの石油コンビナートを見学 ジェッダの元諮問評議会副議長
ナスィーフ氏宅にて(前列左端が筆者)
 

転載:「日本サウディアラビア協会報」
No.210 March2003













日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2006年 アラブ イスラーム学院