シンポジウム
「サウジアラビアと日本における教育」


 2007年6月27日(水)、アラブ イスラーム学院においてシンポジウム「日本とサウジアラビアにおける教育」が行われました。当日は主賓の小渕 優子 文部科学大臣政務官より御祝辞を賜りました。また、在京のアラブ・イスラーム諸国大使や大使館関係者、大学・教育関係者など150名を越す方々が参加しました。

御祝辞を述べられる小渕優子文部科学大臣政務官
御祝辞を述べられる小渕優子文部科学大臣政務官
左からブカーリ副学院長、アルジール学院長、小渕政務官、トラード大使、ジャンドール商務官
左からブカーリ副学院長、アルジール学院長、小渕政務官、トラード大使、ジャンドール商務官
トラード大使から記念品贈呈の様子
トラード大使から記念品贈呈の様子

シンポジウム趣旨

 21世紀、新時代に生きる日本人は、『日本古来の伝統を重んじつつ、近代科学を取り入れ、世界の一員として共存共栄を目指し発展』しております。

 一方、サウジアラビアから端を発したアラブ・イスラーム文化圏に属する人々は、1400年前から他の文化圏と接触しながら融合し、『固有の価値観を護りつつも、知識を広く世界に求め、共存、共栄し発展した歴史を有しています』。

 多様な文化の中に生きる日本人もアラブ人も、基本的には相手の文化を尊重し、世界の平和を希求し、共存、共栄の世界を目指していることに変わりはありません。

 本シンポジウムは、日本とサウジアラビア両国を代表する講師各位から、文化を育む基礎としての教育はどのように行われているのか、『歴史の中で、教育が如何に発展してきたのか、また、道徳教育に宗教はどのようにかかわっているのか、更に教育の現状と課題について』貴重なお話をうかがいました。


プログラム 当日は以下のプログラムで発表が行われました。

セッション1
議長:カラム ハリール教授、エジプト・アラブ共和国文化参事官
  日本教育発展の歴史    講師  斉藤 泰雄博士 国立教育政策研究所 国際研究・協力部、総括研究官
  サウジアラビア教育発展の歴史    講師  イブラヒーム サーダーン教授 イマーム大学
発表者 サラハ マダニ アラブ イスラーム学院教務
セッション2
議長:森 伸生 拓殖大学教授
  イスラーム道徳とサウジ教育への影響    講師  ムハンマド アルジール教授 アラブ イスラーム学院長
  禅と道徳教育   講師  松原 哲明 龍源寺住職、日本キルギス科学技術文化センター理事長
セッション3
議長:森 伸生 拓殖大学教授
  サウジアラビアにおける日本語教育    講師  カラム ハリール教授、エジプト・アラブ共和国文化参事官
  日本教育の現状と課題   講師  尾木 直樹 法政大学教授、教育評論家
最終セッション
議長:ムハンマド アルジール教授 アラブ イスラーム学院長
  講評及び提言


各セッションの様子

第一セッション 左からサラハ・マダニ氏、カラム・ハリール議長、齋藤泰雄博士
第一セッション 左からサラハ・マダニ氏、カラム・ハリール議長、齋藤泰雄博士
第二セッション 左からムハンマド・アルジール学院長、森伸生議長、松原哲明師
第二セッション 左からムハンマド・アルジール学院長、森伸生議長、松原哲明師
第三セッション 左からカラム・ハリール博士、森伸生議長、尾木直樹教授
第三セッション 左からカラム・ハリール博士、森伸生議長、尾木直樹教授

提言 最終セッションでは以下の提言がなされました。

1. グローバリズムと世界的な文化的開放化の時代において、平和な文化創出、寛容と文明間対話における教育の役割を確認する。
2. 社会と国家を守るため、正しい道徳的教育の役割を確認する。
3. 人類全体の学術的文明的な進歩に参画したイスラームの中庸な文明とその寛容性に関する意識と正しい理解を広めることは重要である。
4. シンポジウムやワーク・ショップを定期的に開催して、学術・教育上の両国間協力が可能な方式について議論することを奨励する。
5. 教育発展に関しての研究や調査を支援し、またその結果を双方の言語に翻訳する。
6. 双方の知的・学術的な協力を、個人・機関レベルで奨励する。
7. 双方の思想的掛け橋として、また文明的な対話に資する重要性に鑑みて、互いの言語の教授を奨励する。
8. 2007年2月、140名のサウジ男女学生を日本に派遣したサウジ側プロジェクトについて、それを歓迎する。またその成功と今後の継続は重要である。
9. 両国間の対話の継続と深化の継続を確認し、アラブ及びイスラーム世界を含みつつ日本との双方文明の相互理解を目指すものとする。
10. サウジアラビアと日本両国間の戦略的パートナーシップ強化に努め、世界の安全と安定に貢献する。







日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2007年 アラブ イスラーム学院