豊根村でサウジ学生弓道に挑戦!

  
   
   

愛知万博のフレンドシップ事業を通じてサウジアラビアとの交流に力を入れる豊根村は、パートナー国であるサウジアラビア国との交流を村民にも体感してもらうために、7月2日、3日にアラブ イスラーム学院の協力を得て、サウジ留学生フットサルチームを招き、スポーツ・文化交流イベント“ENJOY TOYONE”を実施しました。

7月2日に名古屋駅に集まった人数は、サウジアラビア人5人。豊根村フレンドシップ大使である新木正明氏に迎えられた一行は、豊根の清流を飛び交う蛍を見学しつつ、豊根村に入り歓待を受けました。

7月3日午前の部では、日本の伝統である弓道体験講座とサウジアラビアが得意とするフットサル交流が行われました。弓道体験講座では、初めて弓に触れるアラブ人に豊根村弓友会と豊根中学校弓道部が丁寧に指導し、サウジアラビア人に日本武道の奥深さを体感してもらいました。またフットサル講習会では、サウジアラビア人フットサルチームが小学生を対象としたフットサル教室を開催し、さらにこの日のために結成された商工会青年部を中心とした豊根フットサルクラブがサウジアラビアチームと親善試合を行い、両地域の親交を深めました。試合後、豊根村フットサルクラブは今後も活動を継続し来年の調布市サウジカップを目指すことを決定しました。

午後の部では、村民との虹鱒のつかみ取りやバーベキューを楽しみつつ文化交流を楽しみました。豊根村からは村の伝統芸能である「お練」を披露し、サウジアラビアチームを驚かしました。サウジアラビアチームでは村に対する感謝の気持ちとして、同国の伝統音楽にのせて豊根への感謝を日本語でアピールしました。交流の最後では、サウジアラビアチームから参加した小学生にプレゼントが配られ、子供たちを喜ばせました。

委員会メンバーでは今回の活動で、村民レベルでの交流がスタート・受け入れられたと認識し、今後はより深い交流企画にチャレンジする予定です。






日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院