調布市の小中学生の学院訪問

  
 

 7月31日、サッカーW杯でサウディアラビア代表のキャンプ地となった、調布市の小中学生と父兄の皆さん約60人が、アラブ イスラーム学院を訪れました。今回の訪問は調布市サウディアラビア友好協会が企画して、学院が賛同して実現しました。学院長からの「今日が最初で最後になるのではなく、調布とのいい関係を発展させていきたい。」との歓迎の挨拶の後、学院紹介、サウディアラビア紹介、イスラーム紹介が学院スタッフにより行われました。またブラウス、シャーベット、マガジンなど日本でも知られている英語の語源がアラビア語であることが説明されました。アラビアンコーヒーとなつめやしによる休憩をはさんで子どもたちはアラビア語模擬授業に参加し、簡単なアラビア語の単語と挨拶と歌を学びました。授業終了後、子どもたちにはアラビア語で書かれた終了証が贈られました。






日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院