日本語
عربي
English
アラブ イスラーム学院 Arabic Islamic Institute in Tokyo
日本語
عربي
English
トップページ
学院紹介
アラビア語クラス
アラビア語カフェ
イスラームとは
ムスリムコミュニティ
サウジアラビア紹介
サウジ紀行
オーディオセンター
シンポジウム
イベント案内
最新ニュース
リンク集
お問い合わせ
当サイトへのリンク
サイトマップ
ヘルプ




 イスラーム入門講座 | ハディース学習講座 | 配布小冊子の紹介
 
ムスリムコミュニティ
 

40のハディース(4)
『人間の創造の過程とその最後』

 

このハディースはアルブハーリーとムスリム、アブーダーウード、アッティルミズィー、イブン マージャが伝えている。

このハディースの重要性

このハディースはとても重要で、人間の創造の開始、この世へ送り出されるという人間の状態から、現世で行った行為によって幸福の館(楽園・天国)あるいは不幸の館(地獄)における永遠の状態までを集めた内容となっている。またこの結末はアッラーの知識によってその運命が先行したものにそったものとなっている。


単語の意味

アッサーディク:正直なもの。述べたことと事実が一致している人物のこと。

アルマスドゥーク: 正直に述べられた者、というのも天使ジブリールは正直に ムハンマドに啓示を伝えたからである。

ユジュマウ:集められる、守られるの意。

ハルクフ:人間が創造される物質、そこから創造される液体。

フィーバトゥニウンミヒ:彼女の子宮の中で。

ヌトゥファ:受精卵。そのもとは精子。

アラカタン: 渇いていない血の一片。それを手で掴むと手に引っかかるため(くっつくため)アラカ(引っかかること)と名づけられた。

ムドゥガ:一口分の肉一片。

ファ ヤスブク アライヒルキターブ:
至高のアッラーの知識、またはアッラウフルマハフーズにおいて先立ったもの、または母親のお腹の中で先立ったもの。


ハディースの理解とそれが導くこと

1、 子宮内における胎児の成長
このハディースは胎児が120日の間に3段階(40日ごとに1段階)で成長することが示されています。最初の40日間は受精卵、次の40日間がアラカ、その40日後がムドゥガ、それから最初から数えて120日後にアルマラク(天使)がそこに魂を吹き込みます。そして彼のために4つの言葉を書きます。
至高のアッラーはこれらの段階の中の胎児の成長を次のように語りました。(アルハッジ章5節)
『人びとよ、あなたがたは復活について疑うのか。われがあなたがたを創るさいには先ず土から始め、次いで精液の一滴、次いで血の固まりとし、更に形をなした。またかたちをなさない肉魂から(あなたがたを創った)。あなたがたにわが(偉力を)明示するためである。われは欲する者を、定めた時期まで胎内に置き、それから赤ん坊としてあなたがたを出生させ、それから成年に到達させる・・・』
そしてアルムウミヌーン章12−14節では次のように仰りました。
『われは泥の精髄から人間を創った。次に、われはかれを精液の一滴として、堅固な住みかに納めた。それからわれは、その精滴を一つの血の塊に創り、次にその固まりから肉塊を創り、次いでその肉塊から骨を創り、次に肉でその骨を覆い、それからかれを外の生命体に創り上げた。ああ、ナント素晴らしいアッラー、最も優れた創造者であられる。
この節ではアッラーはハデーィスで述べられた4段階に3段階を加え、7段階の成長過程を述べています。

 




前にもどる



 


日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2002年 アラブ イスラーム学院