ハディース学習
 

40のハディース(5)
『禁止された行為と新説の取り消し』

 

アルブハーリーとムスリムとアブーダーウードによる伝承

このハディースの重要性

このハディースはアッラーと預言者の命令以外によるものは受け入れられないということと、アッラーと預言者の命令以外の新説(根拠のないもの)はイスラームからくることではない、ということをわたしたちに教えてくれます。

このハディースは法学上でもとても重要なハディースです。というのもこのハディースから学者たちがそれによって法的判断を下す基本的な法則が成立しているからです。(法的判断を下すための証拠をあげること)
 



単語の意味

マン アハダサ

自分の欲望から新説をつくりあげる者。

フィー アムリナー

アッラーがわたしたちに与えた宗教と規則に関して。

マー ライサ ミンフ

そぐわない事。

ファ フワ ラッド

彼は受け入れられない。



ハディースの理解と導かれること

1 イスラームとは従うことで、作り出すものではない。

預言者はこのハディースによって、イスラームを人々の欲望による改ざんから守りました。
この短いハディースは短いながらも、多くの意味を含んでいます。
これと同じ意味の文がアルクルアーンにもたくさんでてきます。成功と救済は増減なく預言者の導きに従うことだと述べられています。

アーリ イムラ−ン章31節『言ってやるがいい。「あなたがたがもしアッラーを敬愛するならば、わたしに従え。そうすればアッラーもあなたがたを愛でられ、あなたがたの罪を赦される。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。』
  
アルアヌアーム章153節『本当にこれはわれの正しい道である、それに従いなさい。(外の)道に従ってはならない。それらはかれの道からあなた方を離れ去らせよう。このようにかれは命じられる。恐らくあなたがたは主を畏れるであろう。』

サヒーフ ムスリムには預言者がフトバ(演説・説教)で「もっとも良い言葉はアッラーのみ言葉であり、最も良い導きはムハンマドの導きである。そしてもっとも悪いことは新しくできたことで、全ての新しい出来事はビドアで、全てのビドアは過ちである。」と言ったとされています。そしてアルバイハキーは付け足して、「全ての過ちは地獄のなかにある。」といいました。

 

2 拒絶される行為

このハディースから、行為には拒絶されるものがあり、イスラーム法の規則によって命じられたこと、あるいは禁じられたことなど、義務を課された成人の行為は制限されてくることがわかります。
そしてそれらの行為は宗教儀礼と人間同士の係わり合いに分類されます。

A 宗教儀礼:

アッシュ−ラー章21節『それともかれらに(主の)同位者があって、アッラーが御許しになられない宗教をかれらのために立てたのか。決定的(猶予の)御言葉がなかったならばかれらのことはとっくに裁かれていた。悪い行いの者は本当に痛ましい懲罰を受けるであろう。』

例えば、音楽を聴くことによってアッラーに近づく、だとか、女性の顔を見ることによってアッラーに近づく、というような行為・考え方です。これはジャーヒリーヤ時代のアラブ人たちが行っていたこととなんら変わりはありません。
       
アルアンファール章35節『(アッラーの)家におけるかれらの礼拝ぶりは只口笛を吹いて両手で拍手するに過ぎない。あなたがたは不信心であったのだから懲罰を味わえ。』
       
宗教儀礼によってアッラーに近づくことは他の方法によって近づくことと同じであると思う者がいます。それは預言者生存中に次のように言ったものと同じです。ある者はいいました。「太陽が上ったら立ち上がり、座らない。影にも入らない。そして断食をする。」すると預言者は言いました。「座って、日陰に入り、断食を続けなさい。」
フィクフの本にはイスラームの宗教儀礼と拒絶されるもの、そしてその中で決められたことより多く行ったとき、あるいは少なく行ったときのことが詳細に書かれています。

B ムアーマラート:

アッラーが決めた取り決めを否定するものは受け入れられません。例えば姦通罪の者への刑罰を100回の鞭打ちから100頭の羊と奴隷1人に変えることです。これは受け入れられません。同様にイスラーム法で定められている条件のもとに結ばれていない契約は無効となります。

 

3 受け入れられる行為

中には新しく作られたが、アッラーの法に反しないものもあります。それどころか、根拠とされるものがあり、イスラームの包括的な考え方がそれを優越にするもの、それは受け入れられ、それどころか褒め称えられるべき行為となります。例としては、アブ−バクル時代のアルクルアーンの編纂、ウスマーン時代のアルクルアーンの増版とそれぞれのムスハフをアルクアーン読誦者とともに主要都市におくったこと、また、文法書の編纂、その他遺産分配学・会計学・タフシールなどが挙げられます。これらはアッラーが奨励したことであり、人間の生活の役に立つことでもあります。

 

4 良いビドアと悪いビドア

イマーム シャーフィイーの言葉参照。
悪いビドアの例:自然発生説を唱えること。
人間が作った法律に従い、アッラーの法に従わないようにする動き。
木の神聖化など・・・
ある時サハ−バたちが「預言者に多神教徒たちのもとに神聖な木があるように私たちのもとにもそのようなものを与えてください。」と言いました。すると預言者は次のように言いました。
「アッラーは偉大なり。これこそムーサーの民たちが彼に『彼らのもとにあるように私たちの神も見えるようにしてくれ』と言ったことと同じです。あなた達は無知の民です。あなたたち以前の者たちが行ったこと(罪)を繰り返すのですか?!」

 

 ムスリムの伝承はアルブハーリーの伝承を説明している。

 

 悪いビドアを行った者は罪をおこしたことになる。そしてアッラーからの罰を受ける。

 

 イスラームは完全な宗教で、不足する部分がない。

 





前にもどる




 


日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院