ごきげんよう

 

会話

マアッ・サラーマ

ごきげんよう

مَعَ السَّلامَةِ.

:ma`a-s-salaamah
:ma`a as-salaamati

イラッ・リカー

それでは、また

إِلَى اللِّقَاءِ.

:'ila-l-liqaa'
:'ilaa al-liqaa'i



- 会話の説明 -
 

مَعَ
マア;ma`a

「マア(ma`a)」というのは、アラビア語で「〜と共に、〜といっしょに」を意味する前置詞です。前置詞に続く単語の最後には、母音「イ(i)」がつきます。

السَّلامَة
アッサラーマ;as-salaamah

「アッ・サラーマ(as-salaamah)」は、「安全、無事」という意味の単語「サラーマ(salaamah)」に、定冠詞「アル(al)」がついてできた言葉です。

定冠詞「al(アル)」に「サラーマ(salaamah)」という単語をつなげると、「アル・サラーマ(al-salaamah)」ではなく、「アッ ・サラーマ(as-salaamah)」となります。これは、定冠詞「al(アル)」の後に、「s」の音で始まる単語が来ると、その定冠詞の部分を「アル」ではなく「アッ」と読む、というルールによるものです。

単語「アッ・サラーマ」の最後についているのは、その単語が女性形であることを示す「ターゥ・マルブータ」です。このターゥ・マルブータは、普段「t」の音で読まれます。このターゥ・マルブータに母音「ア(a)」、「イ(i)」、「ウ(u)」がつくと、それぞれ「アッ ・サラーマトゥ(as-salaamatu)」、「アッ・サラーマティ(as-salaamati)」、「アッ・サラーマタ(as-salaamata)」となります。

しかし、その後に別の単語を続けて読まないときには、この「t」の音は発音されません。「t」のかわりに「h」と読むという決まりもありますが、通常はそのような発音をせず、単に「アッ ・サラーマ」とします。

مَعَ السَّلامَةِ
マアッ・サラーマ(ティ);ma`a-s-salaama(ti)

「マア(ma`a)」の後に、「アッ・サラーマ(as-salaamah)」が続いてできた表現です。「安全と共に」、「無事と共に」、つまり「ご無事で」もしくは「ごきげんよう」といった意味になります。

「アッ・サラーマ(as-salaamah)」の「ア」は発音されません。というのは、英語の「the」に相当する定冠詞「al(アル)」の「ア」は、その前に別の単語が来ると、発音されないという性質を持っているからです。 本来「マアッ・サラーマティ」と読むべき文ですが、普段は最後の部分の「ティ」は読まないため、「マアッ・サラーマ」となります。

إِلَى
イラー;'ilaa

「イラー('ilaa)」というのは、アラビア語で「〜へ」を意味する前置詞です。前置詞に続く単語の最後には、母音「イ(i)」がつきます。この単語の後に、定冠詞「アル(al)」が来ると、最後の音が短くなり「イラッ」と読まれます。

اللِّقَاء
アッ・リカーゥ;al-liqaa'

「会うこと」という意味の単語「リカーゥ(liqaa')」に、定冠詞「アル(al)」がついて成り立っています。定冠詞「al(アル)」に「 リカーゥ(liqaa')」という単語をつなげると、「アル・リカーゥ(al-liqaa')」ではなく、「アッ・リカーゥ(al-liqaa')」となります。これは、定冠詞「al(アル)」の後に、「」の音で始まる単語が来ると、その定冠詞の部分を「アル」ではなく「アッ」と読む、というルールによるものです。

إِلَى اللِّقَاءِ
イラッ・リカー;ila-l-liqaa'(i)

「イラー('ilaa)」に「リカーゥ(liqaa')」 が続いて「会うときまで」つまり「またね」、「それでは、また」といった意味になります。文の最後の音まで細かく読めば、前置詞の後に来ていることを示す音「イ(i)」まで発音します。しかし、通常はその音は発音されず、「イラッ ・リカーイ」ではなく、「イラッ・リカー」となります。
 



↑UP↑

前にもどる


アラビア語カフェへもどる

会話基本編

 

会話実践編

 

録音を聴くには?

録音

スピーカーの絵をクリックすると、会話の録音を聴くことができます。

 

 

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院