アラビア語とは

 

アラビア文字と発音


 アラビア語のアルファベットは全部で28個あります(29個とする場合もあります)。 それらのアルファベットに加えて、補助的に使用される文字が2つ存在します。

 アルファベットが示すのは子音のみです。母音をあらわす文字はありません。そのため、文字を読むときには自分で母音を足して読 む必要があります。

 アラビア語のつづり方や、正しい読みを指示するための母音記号は後代になって発明されました。 これらのシステムは、クルアーンの編纂が進んでから整備されました。

 アラビア語には「p」、「ch」、「g」といった音がありません。これらの音を表すために、ペルシア語などのアルファベットを借用することもありますが、通常は「p」の代わりに「b」を、「ch」を「t」+「sh」の2文字で、「g」を「j」、「k」などで書き表します。

 アラビア語の母音は本来「a(あ)」「i(い)」「u(う)」の3つしかありません。しかし、実際に話し言葉などで発音すると、「e(え)」「o(お)」の母音が登場します。

 「e(え)」や「o(お)」の音は、上の「p」などよりも、アラブ人にとっては発音しやすい音ではありますが、表記上は存在しな音であるため、聞き分けるのは難しいといわれています。
 

- より詳しい解説とアラビア文字学習教材は、『アラビア文字学習』セクションにて提供されています -


前のページに戻る


アラビア語カフェへもどる

アラビア文字を学ぶ

- アラビア文字学習 -
アニメと録音を利用してアラビア文字の書き方と発音を学習。
- 基本会話レッスン -

実際の録音を聞きながらアラビア語の会話や基本単語を練習。

 

アラブ文化を知る

 

学院情報

 

 

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院