アルファベットの紹介

- 13 -
 

シーン(shiin)

ش

実際の発音を聞く
英語の「she(シー)」などにおける「sh」と同じです。

前のアルファベット「siin」と混同しないように気をつけましょう。
 

母音記号との組み合わせ

شَ
実際の発音を聞く
「sha」=「s」と母音「a」の組み合わせ
「a」を示す母音記号は「sh」の上に書かれます。
شِ
実際の発音を聞く
「shi」=「s」と母音「i」の組み合わせ
「i」を示す母音記号は「sh」の下に書かれます。
شُ
実際の発音を聞く
「shu」=「s」と母音「u」の組み合わせ
「u」を示す母音記号は「sh」の上に書かれます。
 
独立形のつづり方

まず、丸みを帯びた小さなWを右から左に向けて書きます。それから、線を下に伸ばして、大きな半円を書きます。最後に、点を3つ書き足します。
 
接続形のつづり方

語末 語中 語頭 なし
ـش ـشـ شـ
単語の最後 単語の途中 単語の先頭

この文字は後に来る文字と連結させます

شَجَر 語頭形:単語の最初に来るシーンです。独立系の右半分だけを書いて、次の文字と連結させます。 その後に、点を3つつけるのを忘れずに。

左の単語【shajar(シャジャル)(木)】では、「sh」に母音「a」がつけられ、その後に「j」を示す文字が連結しています。
مُشْرِف 語中形:単語の中にあり、前後に別の文字が来ている場合の シーンです。前の文字とも、後ろの文字とも連結します。独立形から盛り上がった「W」のような形の部分だけを抜き出して、両端ににおいて前後の文字と連結させます。 その後に、点を3つつけるのを忘れずに。

左の単語【Moshrif(モシリフ)(管理者)】では、「sh」の前に「m」を示す文字が、後には「r」を示す文字が連結しています。
نَاقَشَ 語末形:単語の最後にあるため、前の文字とだけ連結し、 シーンのところで連結を強制的に切ります。独立形と同じような形ですが、語末形なので右端で前の文字とつながっています。

左の単語【naaqasha(ナーカシャ)(議論する)】は、前の文字に「sh」が連結して終わっています。
 

前の文字へ 一覧にもどる 次の文字へ







アラビア語カフェへもどる

アルファベット名

شِينٌ

 

書き方

ش

まず、丸みを帯びた小さなWを右から左に向けて書きます。それから、線を下に伸ばして、大きな半円を書きます。最後に、点を3つ書き足します。
 

発音

shiin 文字名
sha sh&母音「ア」
shi sh&母音「イ」
shu sh&母音「ウ」
英語の「she(シー)」などにおける「sh」と同じです。
 

発音の似ている字

* siin聞きくらべる
 

 

 


 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院