アルファベットの紹介

- 14 -
 

サード(Saad)

ص

実際の発音を聞く
日本語にも英語にもない音です。舌を力ませることで、喉のあたりをすぼめ、通常の「s」よりも重々しい音にします。 そのため、実際に発音すると「ソァード」もしくは「ソォード」に近い音になります。

スィーン(siin)」と発音が似ています。実際の録音を何度か聞いて、アラビア語独特の発音が出来るように練習してみてください。
 

母音記号との組み合わせ

صَ
実際の発音を聞く
「Sa」=「S」と母音「a」の組み合わせ
「a」を示す母音記号は「S」の上に書かれます。
صِ
実際の発音を聞く
「Si」=「S」と母音「i」の組み合わせ
「i」を示す母音記号は「S」の下に書かれます。
صُ
実際の発音を聞く
「Su」=「S」と母音「u」の組み合わせ
「u」を示す母音記号は「S」の上に書かれます。
 
独立形のつづり方

まず、右斜め上に向けて、つぶれた楕円を書きます。楕円が結ばれたら、線をいったん上に盛り上げて、 それから左回り(反時計回り)の大きな半円を書きます。
 
独立形のつづり方

語末 語中 語頭 停止
通常は停止の状態が選択されています。
語頭・語中・語末のいずれかを選択すると
つづり方アニメが再生されます。
ـص ـصـ صـ
単語の最後 単語の途中 単語の先頭

この文字は後に来る文字と連結させます

صَبْر 語頭形:単語の最初に来る サードです。独立系の右半分だけを書いて、次の文字と連結させます。

左の単語【Sabr(サブル)(忍耐)】では、「S」に母音「a」がつけられ、その後に「b」を示す文字が連結しています。
مَصْدَر 語中形:単語の中にあり、前後に別の文字が来ている場合の サードです。前の文字とも、後ろの文字とも連結します。前の文字を書き終わったら、左方向に直線を書き、ある程度のばしたところで、右斜めに向けてつぶれた楕円を書きます。楕円が結ばれたら、線をいったん上に盛り上げて、その後に来る文字とつなげます。

左の単語【maSdar(マスダル)(出る場所、出どころ、源泉)】では、「S」の前に「m」を示す文字が、後には「d」を示す文字が連結しています。
نَصّ 語末形:単語の最後にあるため、前の文字とだけ連結し、 サードのところで連結を強制的に切ります。独立形と同じような形ですが、語末形なので右端で前の文字とつながっています。

左の単語【naSS(ナッス)(テキスト)】は、前の文字に「S」が連結して終わっています。
 

前の文字へ 一覧にもどる 次の文字へ







アラビア語カフェへもどる

アルファベット名

صَادٌ

 

書き方

ص

まず、右斜め上に向けて、つぶれた楕円を書きます。楕円が結ばれたら、線をいったん上に盛り上げて、 それから左回り(反時計回り)の大きな半円を書きます。
 

発音

Saad 文字名
Sa S&母音「ア」
Si S&母音「イ」
Su S&母音「ウ」
舌を力ませることで、喉のあたりをすぼめ、通常の「s」よりも重々しい音にします。 そのため、実際に発音すると「ソァード」もしくは「ソォード」に近い音になります。
 

発音の似ている字

* siin聞きくらべる
 

 

 



 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院