アラブを見つめて
 

【私は考える……私は果たして存在しているのかどうかと】



 以前、私はある人物がテレビ局のインタビューを受けているのを観ました。 その人物は、大学の高い地位を提供されたのにそれを辞退し、思索に没頭して思 想家になること、または思想家でいることを好んだのだ、と説明していました。

 そして私の周りにはこのような言葉の魔力に魅入られる人たちがいて、友人の 一人は、「素晴らしいわ。あれこそ人間性の象徴よ。」と言い、他の一人は、 「本当に偉大だわ。」と言いました。

 そして、重要な管理職の重職が、その割に名を残さないものであることについ ては、誰も思い出さないのです。思想家はいつでもその名を後世に残していく 中、大学の学長でも退官後にはその名さえ忘れ去られるものです。思想家の称号 はその死後も長年残っていくというのに。

 私は、周りの人々が交わす言葉を気に留めず、思索に専念すると公表したその 人物の言葉を考えました。しかし残念ながら、私は昨夜、本物の思想家である、 アハマド・カマール・アブー・アルマジド博士の対話を楽しんだばかりだったの です。

 たとえ思想家だという説明がなくとも、彼が意識の高い豊かな思想文化を持つ 人物だと言うことは、その話から誰でもわかります。彼は社会の出来事を読み取 り、人々のさまざまな災難を理解し、人々が共感できる新しいテーマを示して現 代人のために新しい言葉を創り出す、優れた能力を持っています。

 人々は彼の言葉を理解し、それによって現実に立ち向かう力を得るのです。た とえ成功の機会が僅かだとしても。

 アハマド・カマール・アブー・アル=マジド博士は、他者へ自分を開くことが 必要であると言う原則に焦点を当てています。自分を閉ざすことは間違いであ り、また、誇りを持ってこの世を生きるために、また目的を定めて生きるため に、そして、自分の進むべき道を知るために、努力なくして生きることを夢見る ことは間違いだからです。

 偉大なイスラーム思想家、アブー・アル=マジド博士と、現代アラブでは間違 いなく5人ほどしかいない―どんなに多く見ても10指に足りないほどしかいな い―、真の思想家の概念についての完全な意識を持たないで、思想家を自称する 者との間で、私たちは重要な問いを投げかけます:

―実際の仕事や能力から離れているにもかかわらず、勝手に誰かのアイデンティ ティーを特定してしまうことについて、また、彼のアイデンティティーを記録 し、彼がそれによって暮らしの糧を得ることについて、一体誰が責任者なので しょうか?

―この人物は思想家であり、あの人物は文化人であり、別の人物は文士であり、 他の人物は評論家であると、一体誰が特定するのでしょうか?

 私たちの本当の危機は、人物の立場のさまざまな命名や称号付けです。テレビ は自分が望むとおりの立場を演じたいすべての人物に対し、大きく扉を開いてい ます。

 たとえばテロの危機以来、さまざまなテレビ局で、「イスラーム団体評論家」 という命名が広まりました。それはゴムのように伸縮自在の命名であり、将来 他のテーマが現れた場合、きっとその名を変えていくに違いないのです。

 ある本物の思想家は次のように語りました。
 彼はある日、30才にも満たない青年ライターと一緒に番組に出演したのです が、紹介者が突然彼のことを、高名なイスラーム思想家だと紹介したのです。

 それから彼は番組中、その青年の話を聞きましたが、青年は一切価値ある言葉 を発しませんでした。それどころか、実際は「文化人」の範疇にも、「執筆家」 の範疇にも、また「研究者」の範疇にも入らないような人物だったのです。そこ で、番組が終わってから、彼は青年にこう訊ねました。

「あなたはどうして自分のことを思想家だと言ったのですか? 何故そんなに大 胆になれたのですか? 本物の思想家たちに一体どんな命名を残すつもりです か?」

 青年は自分が思想家だと自己紹介したわけではなかったのですが、それでも彼 はそれに対してこう答えたのです。

「すべての人間に自分を甘やかす権利があり、言葉には何の税もかかりません。 私は自分のアイデンティティーを訊ねられたので、思想家だと言っただけで す。」

 あなたが思想家であることや、あなたが自分は思想であると主張することや、 また、人々があなたのことを思想家であると主張することは、それがたとえ真実 であってもそうでなくても、どちらにせよ、何の基準も存在しないのです。

 このウンマ(共同体)の災難は、すべての人々が、自分の真の価値が評価され ていない、と主張することです。それは、みなが自分自身を甘やかす論理にすぎ ないのです。

 ある思想家が言っているように、真の思想家とはこのような人物です:

「思想家とは、現実の出来事や人々の真実を読み解き、新しい考えを創り出し て、人々に影響を与える人物であり、優れた読み解きと物の見方により、社会の 助けとなる新しい思想を打ち出す人物のことです。」

 さて、私たちには、一体何人の思想家がいることでしょうか???


筆者:ナジュワ ハーシム
サウジアラビア女性作家 

(2007年11月6日更新)

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2007年 アラブ イスラーム学院