中東学生会議
 

【宗教って】
 

私が中東に行って感じたことは、宗教がとても重要で、大切なのだということだ。朝からアザーンが町に響き渡り、それとともに一日が始まる。アザーンはとてもここちのよい音楽のようなものだった。また、ホームステイしたときも、ホームステイ先のアラブ人がおもむろにマットを敷いて、祈っていた。祈ることは、とても精神的に安定をもたらすのでよいことなのだろうな、などと見ている私は感じる。日本の座禅の修行の風景を思い出す。宗教が日常生活に入り込んでいて、とても大きな役割をしていて、宗教なしでは生活そのものが成り立たないのだ。

アラブ人の学生と話したときに、宗教と仕事はどちらを優先するのかという話をした。アラブ人の学生は迷わず宗教だと答えた。日本では、宗教が生活自体にさほど関係がないので、宗教が日常生活で重要であるだけではなく、仕事よりも重要だとは思わなかったので、仕事にまで影響を及ぼすものだということに、驚くとともに、また、宗教の絶大さを感じずにはいられなかった。

執筆:山崎郁
津田塾大学学芸学部国際関係学科3年生

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2004年 アラブ イスラーム学院