アラブサッカーに恋して
 

【小さくても強い?バーレーン】
 

バーレーン国際空港から、ホテルやスークが数多く点在するマナマ市内まで、道が空いていれば車で15分程の近い距離です。タクシーで2〜5BD(1BD=約300円)ぐらいなのですが、メーターが壊れていたり、外国人に対して値段を吊り上げる傾向があるので、乗る前に必ず値段の確認、交渉をしたほうがいいようです。10BDぐらい平気な顔で要求してくるドライバーもいるので、気をつけなければいけません。

マナマ市内から、国際試合が行われるバーレーンナショナルスタジアムまでは、さらに島の奥へ倍の距離を進みます。イーサタウンにあるスタジアムの周りには、特に何もなく、出かけるのであれば帰りの車を確保しておかなければいけません。
ここから車で5分ぐらい離れたところに、イーサタウンスタジアムがあります。バーレーンリーグの公式戦が行われるやや小さめのスタジアムで、近くには地元のバスターミナルやタクシー乗り場、買い物が出来るイーサタウンモールなどがあります。休日や、サッカー開催日ともなれば、イーサタウンに人が溢れ賑やかな雰囲気になります。

今年のバーレーンリーグは、最終戦を迎える前に、アル・リファアの優勝が決まりました。このクラブには、DFサルマン・イーサ選手、GKアブドルラフマニ・アブドルカリーム選手、MFアフマド・ハサン選手、ハマド・ラーキウ選手というたくさんの代表プレーヤーが所属しています。なかでもイーサ選手はDFでありながらリーグ得点王に輝き、チームを盛り上げました。同じく代表プレーヤーのMFアリ・ナイルーズ選手はアル・マナマFCに所属していますが、チームは今季2部降格の危機にさらされていたため、最終戦前に必死の戦いをみせ、なんとか1部残留を決めました。
バーレーンはイランからの移民が多い国で、このマナマFCのほとんどの選手の両親はイラン人です。ナイルーズ選手もその一人。アラブ人には珍しい長髪が印象的です。
「俺はアリ・ナイルーズ。アリ・カリミと間違えるなよ!アリ・ダエイでもないぜ!!」

彼はイラン出身の名プレーヤーに“アリ”という名前が多いことを強調して言いました。ナイルーズ選手が3月、日本に来日したときには、日本代表はそんなに強くない!と、豪語していましたが、マナマFCも来季は優勝目指してがんばってほしいところですね。


執筆:渡邉真由子
フリーライター


(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院