詩の世界
 

【世界の独裁者へ】
 

チュニジア人のアブー アルカーセム アッシャーッビー(1909−1934)が植民地化されたアラブ世界を見て、人々に意思と希望を持たせる詩を書きました。その詩の一部を紹介しましょう。
 

ألا أيــهــا الـظـالــم  المـسـتـبـدّ           حبـيـب الـظـلام ، عــدو الحـيـاة
سخـرت بأنّـات شعـب ضعـيـف                        وكـفّـك مخضـوبـة مــن دمـــاه
وسـرت تشـوّه سـحـر الـوجـود                       وتبذر شـوك الأسـى فـي ربـاه

不正を行う独裁者よ、
暗闇の相棒よ、生命の敵よ、
あなたは弱い民族のうめき声を嘲り
あなたの手は彼らの血で染められている
あなたは宇宙の魅力をゆがめ、
悲しみのとげをその主に蒔いている
 

رويـــدك! لا يخـدعـنـك الـربـيــع          وصحو الفضـاء ، وضـوء الصبـاح
ففي الأفق الرحب هول الظلام                              وقصف الرعود ، وعصف الريـاح
حـذار! فتـحـت الـرمـاداللهيــب             ومن يبذر الشـوك يجـنِ الجـراح

じっと待て!春に騙されるな!
晴れた空にも、朝の光にも。
地平線に暗闇の恐怖があり、
雷鳴と台風がある
気をつけろ!灰の下には火がくすぶり、
とげをまく者は傷を収穫する


 

تأمـل هنـالـك .. أنّــى حـصـدت              رؤوس الـورى ، وزهــور الأمــل
ورويّــت بـالـدم قـلــب الـتــراب          وأشربتـه الدمـع ، حـتـى ثـمـل
سيجرفك السيل ، سيل الدمـاء                              ويأكـلـك الـعـاصـف المشـتـعـل

向こうを眺めろ!一体どのように切れたのか
人々の頭と希望の花
砂の心は血で渇きを癒され、
酔いつぶれるまで涙を飲ませられた
汲水の流れ、血の汲水があなたを奪い去るだろう
激しい台風があなたを巻き込むだろう。




執筆:ブカーリ イサム
早稲田大学 大学院理工学研究科
アラブ・イスラーム学院文化・広報担当

 


(→バックナンバー

(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2004年 アラブ イスラーム学院