預言者たち
 

【預言者たちの物語】
 

アッラーは人々に唯一神アッラーへの信仰を呼びかけるべく、預言者たちを人々に吉報を伝える者、また警告する者としてこの世に遣わしました。預言者たちはアーダム(アダム)から始まりムハンマドを最後の預言者として、それぞれさまざまな時代に遣わされました。

彼らのうちの何人かは、その名がアルクルアーンの中で述べられ、また残りの者たちの名は私たちには伝えられていません。アッラーはアルクルアーンガーフィル章78節で次のように仰りました。『われはあなた以前にも、使徒たちを遣わした。その或る者に就いてはあなたに語り、また或る者に就いては語ってはいない。』

また彼らのうち何人かは、彼らに起こった出来事が物語として詳細にあるいは簡潔にアルクルアーンの中に記されています。ですから読者は幾つかの物語が数部に分かれていたり、あるいはその物語の短さのために数人の物語がまとまって紹介されているのを見るでしょう。

ここでは26人の預言者たちの物語について39回に渡って時代順に紹介していきましょう。

1− アーダム
2− シャイス
3− イドリース
4− ヌーフ
5− フード
6− サーリフ
7〜10− イブラーヒーム(アブラハム)
11− イスマーイール
12− ルート
13− イスハークとヤアクーブ
14〜17− ユースフ
18− アイユーブとズルキフル
19− ユーヌス
20− シュアイブ
21〜27− ムーサー(モーゼ)
28− ユーシウ
29− ダーウード
30〜33− スライマーン
34− イルヤースとアルヤサウ
35− ウザイル
36− ザカリーヤ
37− ヤヒヤー
38−39− イーサー(イエス)

最後の預言者ムハンマドに関しては当学院サイトに預言者伝が掲載されています。


執筆:ヌーラ アッダハマシ


(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院