預言者略伝
 

【中傷と嘘呼ばわり】


 預言者ムハンマド(アッラーの祝福と平安あれ)が唯一の神であり万物の創造 主であるアッラーを信仰し、何ものも同列に並べることなくアッラーにだけ帰依 するよう人々に告げて以来、それを拒否し多神教に従う人々の虚言、中傷、敵対 行為に直面せざるを得なかった。それはアッラーが使徒を試されていたのであ り、またそれは信者に与えられた試練であった。

 その様な中傷の一つは、ムハンマドが聖クルアーンを口にするのは、彼自身の 戯言に過ぎないと言うものであった。またその教えは彼自身の言葉であり、決し て啓示されたものではないとした。
『また彼らは言う。「昔の物語で、それを彼が書き下ろしたのである。それを朝夕、口で言って書き取らせたのである。」』
(識別章25;5)

 それに対してアッラーは次のように言われた。
「沈み行く星にかけて(誓う)。あなたがたの同僚は、迷っているのではなく、 また間違っているのでもない。また(自分の)望むことを言っているのでもな い。それは彼に啓示された、お告げに他ならない。並びない偉力の持ち主が彼に 教えたが、それは優れた知力の持ち主である。真直ぐに立って、……」
(星章53;1―6)

 このような真実と誤謬、そして使徒と敵対者たちとの対決は続けられ、中傷や 疑惑の言葉が浴びせられた。それは疑念を起こさせ、誤った道へ導き、真直ぐな アッラーの道からそらさせようとするものであった。しかし間違いはすぐに調べ れば客観的に分かるし、気まぐれや嫌悪感や嫉妬心抜きにして研ぎ澄まされた検 討をすれば直ちに暴かれる。

 以上のような中傷や嘘は多数見られてきたが、ここではそのサンプルを例示す るに止める。一つには預言者ムハンマド(祝福あれ)の行った不信者に対する戦 いに関してや、一般的にはイスラームにおける戦闘行為や暴力行為に関する事柄 である。あるいは、イスラームの女性とその諸権利に関する立場やイスラームは 人間の自由に異を唱えていると言った主張である。

 こう言った中傷が当たっていないことを、これから早速見てみたい。
預言者(祝福を)は人々に慈悲と寛容、そして人間性を説いたが、不信者の敵対 や攻撃に対して寛容さと許容心をもって臨まれた。マッカの人たちに対しても、 「行きなさい、あなた方は自由である」と言われた。また(ターイフで唱導した 際に)人々が攻撃し負傷させ踝まで出血させたが、(問われたのに対し)彼らを 二つの山で締め付けることは天使らに要請しなかった。

 イスラームにおける戦闘や戦争の原則は次の通りである。それは必要に迫られ ること、そしてアッラーの為であり、拡張、野望、攻撃、不正、諸権利の剥奪な どの為ではないと言う諸条件を満たすことが求められる。またムスリムは攻撃を 開始することは出来ず、ムスリムに対して攻撃を始めた者にだけ許される。
「あなたがたに戦いを挑む者があれば、アッラーの道のために戦え。だが侵略的 であってはならない。本当にアッラーは、侵略者を愛さない。」
(雌牛章2:190)

 ムスリムはその教え、信条、財産や領土を守るため以外には、戦わないのであ る。またイスラームの戦争遂行中は、規範と教説に従わなければならず、その中 に預言者(祝福を)のムスリムに対する指導内容も含まれる。

 戦争の条件には上のものに加えて、非ムスリムでも非戦闘員は殺してならない し、婦女子や老人の殺害も認められない。ナツメヤシを燃やしたり、樹木を植え たり切ったりすること、修道院の中の僧侶達に害を加えることも禁じられる。

 さらには非ムスリムと言えど、彼らとの約束違反、契約違反などの裏切りは認 められない。あらゆる彫像も認められない。また殺人は厳禁されており、殺人は 全人類を殺したと同じだとされる。
 クルアーンを見よう。
「人を殺した者、地上で悪を働いたという理由もなく人を殺すものは、全人類を 殺したのと同じである。人の生命を救うものは、全人類の生命を救ったのと同じ である(と定めた)。」
(食卓章5:32)

 戦闘を離れて、ムスリムの近くに居て保護を求めことがあれば、その人をムス リムは保護しなければならないのである。
「もし多神教徒の中に、あなたに保護を求める者があれば保護し、アッラーのお 言葉を聞かせ、その後彼を安全なところに送れ。これは彼が、知識のない民のた めである。」
(悔悟章9:6)

 実際、預言者(祝福を)の伝記を読めば、凡ての戦争、攻撃や戦闘は防衛のた めであったことがはっきりする。あるいはそれらは、ムスリムに対する攻撃、不 正などを撃退し、ムスリムの敵が開始した裏切り、加害行為、策略に対決するた めであった。

 他方平和の時代には、非ムスリムも安全、厚遇、篤信、公正さを享受するので ある。
「アッラーは、宗教上のことであなた方に戦いを仕掛けたり、またあなた方を家 から追放しなかったものたちに親切を尽くし、公正に待遇することを禁じられな い。本当にアッラーは公正な者をお好みになられる。」
(試問される女章60:8)

 真に公平な判断をするならば、イスラームは剣で広められたとかイスラームあ るいはムスリムは戦闘、不正、暴力、テロなどを旨としているなどとは言えない 筈だ。そして客観的に見る研究者ならば、イスラームの諸原則、諸事実、そして イスラームに従う人たちや、あるいは従おうとする人たちの諸行為に、安堵感を 持つはずである。

 今ひとつイスラームに対する中傷と不正の例として、イスラームにおける女性 の状況とその諸権利の話をしておきたい。預言者(祝福を)の伝記を知る人なら ば、彼は女性を公正に処し、彼女らへの男性側からの強制を除去されたのであ る。また諸権利と諸義務において、男女平等を達成された。収入と支出面での権 利及び独立した財政を確保し擁護して、非常に高い位置に引き上げられ、女性の 面倒見と尊敬を呼びかけられた。またその権利剥奪や妨げを禁じ、その情況の悪 化が生じないように諭された。そして正しい行いにおいては男女平等で、それに 対する報奨も同様だとされた。
 クルアーンに言う。
「誰でも善い行いをし(真の)信者ならば、男でも女でも、われは必ず幸せな生 活を送らせるであろう。なおわれはかれらが行った最も優れたものによって報奨 を与えるのである。」
(蜜蜂章16:96)

 宗教上の自由についてのイスラームの立場は次の通りである。イスラームは極 めて寛大で、アッラーが認められた権利に従い、人間の宗教選択の自由を尊重し ている。この選択の自由は、アッラーの選択についての決定の解釈から出てくる ものである。
 クルアーンを引用する。
「宗教には強制があってはならない。まさに正しい道は迷誤から明らかに(分 別)されている。それで邪神を退けてアッラーを信仰する者は、決して壊れるこ とのない、堅固な取っ手を握った者である。アッラーは全能にして全知であられ る。」
(雌牛章2:256)

 預言者(祝福を)の呼びかけは、英知と良好な警告に満ちた方法によって行わ れ、また最良の議論も展開された。それは理性を尊び、知恵と見識に従って論議 された。それには強制、過剰、あるいは過激さは見られなかった。 (さらには、婦人章3:124を参照)


筆者:ムハンマド・ハサン・アルジール
アラブ イスラーム学院長      

(2007年5月8日更新)

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2007年 アラブ イスラーム学院