預言者略伝
 

【全世界への慈悲】


 アッラーがムハンマド(アッラーの祝福と平安あれ)を遣わされたのは、全世 界への慈悲の使いとしてであった。
 聖クルアーンに言う。
「われは只万有への慈悲として、あなたを遣わしただけである。」
(預言者章107)

 慈悲であるという意味は、人々が彼のもたらしたアッラーの教えとその規則に 従うならば彼らを地獄の劫火から助け、また彼は被創造者全体へ情けをかける大 きな存在であり、被創造者に同情を持つものであるということだ。さらに彼は感 覚に素直で、その繊細さは被創造者の痛みを感じ、その痛みを減少させ貧者を助 け、不義を正すためにあらゆることを行う。

 そして被創造者には人間、動物、鉱物を含み、それらの大小を問わず、また信 者、非信者を問わない。小さな子供にも親しげに優しくし、また冗談を言ったり 接吻したり抱いてあげたりし、居なくなったら悲しんだりした。婦人にも情け深 く助言を行い、優しさを教諭し、「女性には善行を助言せよ」と言われた。

 弱者や僕(しもべ)たちにも親切で、僕も助言を得ていた。「僕もあなた方の 兄弟で、アッラーはあなた方の手中に置かれたのだ。そして手中にある兄弟へ は、自分が食べるものから分け与えよ。また自分が着るものから分け与えよ。き つすぎる仕事をさせてはいけないし、もし言いつけたならば手助けしてあげなさ い。」こうして弱者への情けは、勝利と利得の原因にも挙げられた。

 動物への情けと慈悲を大いに勧められた。また過酷な作業をさせないように言 われた。鉱物にも情けは及んだ。預言者(平安を)は説教台が設けられてその方 へ移動されたので、それまでもたれ用に使用されていた樹木の幹が悲しんだの で、静まるまでそれを抱いておられた。その言葉として、「私がそれを抱かなけ れば、それは最後の日まで悲しんでいただろう」と言われたそうだ。
(アハマドの伝承)

 さらには敵対する者へも情けは及んだ。信者に挑戦し被害を与えたターイフや 初期のマッカの人々には、報復されなかった。つまり山の諸王がアフシャバイン という名前の山でターイフ市民を圧迫してはどうかと進言したのに、それは好ま れなかった。またマッカで勝利して入城するまで一切の処罰はなかったし、それ も結局お赦しになった。その際のよく知られた言葉が、「あなた方は自由の身 (アットラカーゥ)だから行きなさい」であった。(本章は次に続く)

 預言者ムハンマド(アッラーの祝福と平安を)の使命が慈悲であったことにつ いてさらに続けると、彼が遣わされたのは人々全体に対してであったことは重要 である。
 聖クルアーンに言う。
「われは、全人類への吉報の伝達者としてまた警告者として、あなたを遣わし た。」
(サバア章28)

 また、
『言ってやるがいい。「人々よ、わたしはアッラーの使徒として、あなた方凡て に遣わされた者である。」』
(高壁章158)

 預言者伝承にもある。「赤い人や黒い人、全員にわたしは使わされたのだ。」 また「被創造者全体のためにわたしは遣わされた。」さらに、「わたし以前には 誰も与えられなかったほどに頂いた。一ヶ月ほどの間に、驚くほどになった。つ まり、大地が清浄な礼拝所になり誰でも礼拝できるようになり、戦利品も誰にも 許されなかったほどに許された。また私はアッラーへの仲介もしてあげられた。 :こうして預言者はその部族へ送られただけではなく、人々全体へ送られたの だ。」
(ムスリムとアルブハーリー両正伝による)

 人々全体を世話されたということは、老若男女、アラブ人、ペルシア人、ロー マ人の別を問わず、また国の別は問われなかった。実際使徒たちは全員、諸国の 王に適時に遣わされたと言えよう。ローマの皇帝シーザー、ペルシアの王キス ラー、エチオピアの王アルナジャーシー、エジプトの王アルムカウキス、オマー ンやイエメンやバハレーンの諸王、ガッサーン王国の王などである。そして彼ら に対して、主のお赦しを得て暗黒から明るいところへ脱出するように説いたので あった。それはアッラーの正しい道への導きであった。

 話を戻すと、預言者ムハンマド(平安あれ)の慈悲はこの世を越えて、最後の 日につながるものでもあった。その日には、被創造者に「最大の仲介」をされる からである。恐ろしい集合の日におけるきつい状況の怖れから、人々を安心へと 導いて、心を休めさせてくれるのである。

 まず人々は唯一の神アッラーの前で審判を待って長時間立ち尽くす。そしてそ の大きな苦しみから救ってほしいと色々の預言者に人々は助けを求める。しかし どの預言者も自分のことで忙しく、「自分のこと、自分のこと……。他へ行きな さい。そして最後の預言者であるムハンマド(平安あれ)のところへ行って礼拝 しなさい。」と言うのである。そこで彼、ムハンマド(平安あれ)は人々に対し て、「私はその用意あり。」と言うだろう。

 預言者伝承に言う。
「わたしは最後の日において、アーダムの息子を預かる者だ。またその人の墓を かぎ分ける最初の者だ。そして最初の仲介者であり、最初に執り成しをすること を許された者でもある。」
(ムスリム正伝)

 ここに言う仲介は、信者、不信者を問わず一般的なものだが、信者の人々だけ に対する仲介というものもある。
 預言者ムハンマド(平安あれ)が慈悲の使いであることについて、最後に聖ク ルアーンを引用したい。
『だがかれらは、「なぜ主から印が、彼に下されないのか。」と言う。言ってや るがいい。「本当に凡ての印は、アッラーの御許にある。わたしは公明な警告者 に過ぎないのである。」われがあなたに啓典を下し、あなたは彼らに読誦する。 彼らにはそれで十分ではないか。本当にその中には、信仰する者への慈悲と訓戒 がある。』
(蜘蛛章50-51)


筆者:ムハンマド・ハサン・アルジール
アラブ イスラーム学院長      

(2007年3月27日更新)

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2007年 アラブ イスラーム学院