預言者ムハンマド伝
 

【マッカの解放】
 

フダイビーヤの条約はムスリム達に、個人的な行為、また人々と社会との関係において、真のイスラームを例証する大きな機会を与えました。
しかし条約を破ったマッカの部族長達の態度により、平和は長くは続きませんでした。

ほどなく、マディーナへのヒジュラ(移住)後8年目に、預言者ムハンマドは、とても穏やかにマッカに行進しました。

マッカの住人達は抵抗もせず、町全体が預言者ムハンマドに降伏しました。
彼はほぼ全ての彼の敵への大恩赦を発表し、マッカの住民を寛大に待遇しました。
アル・クルアーンの一節がこの折に啓示されました。:

『アッラーの援助と勝利が来て、人びとが群れをなしてアッラーの教え(イスラーム)に入るのを見たら、あなたのラッブ(主)の栄光を誉め称え、またかれに御赦しを請え。本当にかれは、度々赦される御方である。』(アル・クルアーン第110章1−3節)

マッカの解放の後、アラビアに残っていた全ての敵対する部族がイスラームという宗教の真実性を悟り始めました。
人々は、イスラームの高貴な教えを知りました。

預言者ムハンマドと彼の教友達により例証された通りの、寛大さ、忍耐、公正、公平、不動の信念、そしてその他の性質の良い見本は、ムスリムになった何万もの人々の心に感銘を残しました。


ムハンマド アル・トゥワイジュリー著
「預言者ムハンマド(彼に平安あれ)人類への恩恵」の翻訳より

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2003年 アラブ イスラーム学院