クウェイトで考えた
 

【なぜか不法入国者になる】


実は私、クウェイトにN.O.Cなしで入国した(おそらく)唯一の日本人である。

…クウェイトに着いてホッとしたのもつかの間、なんと空港に私のN.O.C(前 回参照)のオリジナルが届いていなかった。さらに到着したのは金曜日の早朝 と、とにかく最悪な状況だった(かの地では木・金が休日。) とりあえず入国管 理官に指示を仰いだところ、すぐに大使館と女子寮に連絡するよう言われて、そ れに従う。ボーッと待つこと4時間。おそらく一番若い入国管理官(どうでもい いが、なかなかの男前だった)と話をしながら待つことさらに2時間。イライラ が最高潮に達したとき、「こっちに来て!」と声をかけられた。ふと顔を上げる と、件のハンサムな管理官が入国管理の向う側から呼ぶではないか。「『こっち に来て!』って、N.O.Cもないのに入国していいの?」と思いながら、恐る恐 るクウェイトに「不法入国」してしまう。管理官氏に付いて行くと、寮母さんと おぼしき女性とインド人らしき男性がいた。彼らに事情を説明していたところ、 後ろから「日本人の方ですか?」と声がかかった。出国してから24時間ぶりの 日本語になぜか「Yes」と答えてしまい、変な顔をされてしまう。そう、彼らは 日本大使館員だった。とりあえず何とか入国できた私を見て安心する彼ら。しか しこの数秒後、彼らは私がN.O.Cを持たないまま入国したことを知り、仰天す ることになるのである。

「疲れたでしょう?」。私が寮に到着したとき、寮母さんたちは多分こう言って くれたと思う。このとき、アブラ(先生とかそんな意味らしい。ほとんどがエジ プト人だった)と呼ばれる寮母さんたちの顔が天使に見えたのは、言うまでもな い。まったく、彼女らとのバトルが女子寮生活の大半を占めることになるなん て、このときは夢にも思わなかった。

<今週のはーみシュ>
・日本を離れる前に在クウェイト日本大使館と女子寮に一報して、入国時のトラ ブルに備えましょう。私の6時間待ちは極端ですが、2、3時間ぐらい待った留学生は少なくないです。なお、現地の日本大使館で在留手続きをしなければなり ません。これはFAXでもできるかと思いますが、大使館に顔を見せておいて損 はないと思います(別に得もないですが。)
・税関で日本人はあまりチェックされませんが、ごく稀に持っていたお酒を没収 された人もいます。
・日本からものを送る場合、重要でないものは普通郵便かEMS(国際速達)で 十分です。クウェイトでの郵便物の受け取り方はこちら

写真は「ケイファン女子寮」。「サカン・アル=ターリバート」ではなく、「シジュン・アル=ターリバート」と呼んでおりました。


執筆:門屋 由紀
アラブ イスラーム学院 研究員

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2006年 アラブ イスラーム学院