イスラームQ&A
 

【他宗教との対話について】
 

Q5:イスラームは他宗教との対話を認めているのですか?あるいはイスラーム以外の宗教を拒絶するのですか?

A:
最初に、「他宗教との対話」というものが何を指しているのかということが問題になります。この「他宗教との対話」というものが、お互いに知り合うこと、つまり他の人々、そして他文化、他文明、それから他の宗教を信仰する人々と知り合うことを意味しているのであれば、イスラームはこれを非常に強く奨励しています。クルアーンの中にも、至高のアッラーの言葉の中に「あなたたちを多くの諸部族と諸民族に分けたのは互いに知り合うためだ」という一節があります。このようにイスラームでは、人々が知り合うこと、部族や諸民族が知り合うこと、そしてその結果として様々な共通利益が人々にもたらされることを奨励しています。

逆に、この諸宗教との対話というものが、例えば、私があなたの信仰している宗教を信仰する、また、あなたが私の信仰する宗教を信仰する、ということであったり、あるいはお互いの立場を退いたり、あるいは今、世界にあるすべての宗教をひとつの宗教にする、ということであれば、それは拒否されることです。これはイスラームだけではなく、すべての宗教の信者が拒否していることであります。


インタビュアー:ファーティマ佐久間
ゲスト:サアド アルハルビ師


(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院