イスラームQ&A
 

【イスラームと科学】
 

Q1:イスラームは科学に相反しませんか?なぜムスリムたちは科学的に遅れているのですか?

A:
まず最初に、イスラームは科学とは相反していません。イスラームは全世界の人々に科学を追及することを奨励するためにやってきました。ヒラーの洞窟で一番最初に預言者ムハンマドに下されたクルアーンの一節は「読め」という節でした。この「読め」というのは知識の追求に関係しています。

また、人々のもとにイスラームが普及した後、預言者の時代、それから正統四カリフの時代、またウマイヤ朝の時代、アッバース朝の時代を通じて、科学的・知識的な大きな発展が遂げられ、科学が普及しました。また、ウマイヤ朝の後期から第一次・第二次アッバース朝の初期に関して言えば、その当時、中世の時代においては、ムスリムとアラブ人たちが、知識を追求し科学的に発展している唯一の民でした。また、当時、芸術・科学に関して様々な発展があり、その中には医学・天文学・科学などがありました。また、オスマン朝の衰退から第一次世界大戦前には、ムスリムたちが科学的な先駆者でもありました。

その後、植民地主義が世界にはびこり、そのような状態にアラブ・ムスリム諸国も置かれたわけですが、その中で、植民者たちは、イスラーム諸国のすべての良いもの、それからアラブ人たちムスリムたちの思考力を奪い、また彼らの目を向けるところが西洋になるよう強制することになりました。実にこの植民地主義は非常に強大なものであり、アラブ人とムスリムたちからすべてのものを奪いました。そのようにして、アラブの知識人、またアラブ人の学者たちは、ヨーロッパやアメリカへと移り、あるいはそちらのほうへと意識をむけるようになりました。それは、ヨーロッパやアメリカの状態が、アラブ・イスラームの状態よりも強かったためです。また、アラブ知識人、また、様々な科学的書物、翻訳本、それらの多くが植民者たちに奪われました。

それも原因の一つではありますが、もう一つの原因として挙げられることがあります。イスラーム初期に科学的な発展が遂げられた理由には、イスラーム教が科学的発展を奨励したという事実があります。そしてこの宗教をしっかりと身につけたことによってアラブ人あるいはムスリムたちは科学的に発展したのでした。ですから、この植民地主義の後、ヨーロッパの人々はアラブ人たちがイスラーム教から離れることを目指し、またそれによって科学的にも後退することを目指し、そのような結果が今、現れているわけです。

それでは最初のテーマに話を戻しますが、イスラームでは知識を追求すること、科学的なことを追及することを奨励しています。また、クルアーンの中でも、至高のアッラーは「知れ」というふうに命じています。また同様に、「あなたたちに与えられた知識というのは僅かなものである」と言っています。また同様に次のように言っています。「私の主よ、私に知識を増やしてください」と。

また、預言者のムハンマドはハディースの中で、常に知識を求めること、科学的追求を行うことを奨励しました。それから、多くのハディースの中で、知識を求める者たちに対して、天使たちあるいはアッラーが創造したこの世の者たちが、その知識を求めている者たちに対して罪の許しを請い、祈願を行うと言いました。また預言者のハディースの中には、「知識を揺りかごから墓場まで求めなさい」つまり、生まれてから死ぬまで知識を求めなさい、というものがあります。また、「たとえその知識が中国にあったとしても、それを求めなさい」というハディースもあります。


インタビュアー:ファーティマ佐久間
ゲスト:サアド アルハルビ師


(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院