十字軍の歴史
 

【第7回十字軍の敗退】


 読者の皆様、アイユーブ朝スルタン、アル=カーミルの死後、ヒジュラ暦 636年―西暦1239年―、ナジュムッディーン・アイユーブがエジプトの統 治者となりました。ナジュムッディーンは十字軍と戦ってエルサレム奪回に成功 しました。エルサレムをムスリムが奪回したことは、ヨーロッパで大きな波紋を 呼びました。そこで、ローマ教皇はムスリムに対する新たな遠征を呼びかけまし たが、それに応じたのは、フランス国王ルイ9世だけでした。そして、ヒジュラ 暦647年―西暦1249年―、ルイ9世は第7回十字軍遠征を行いました。

 ルイ9世はドムヤート(ダミエッタ)へ向かい、同地を征服しました。そのた め、アイユーブ朝スルタン、ナジュムッディーンは、防衛前線をマンスーラへ移 動させる決定をしました。しかし、ナジュムッディーンはその年に亡くなり、彼 の妻、シャジャラト=ッ=ドゥッルが事にあたりました。彼女はその知らせが兵士 の士気や精神力を弱めないように、スルタンの死を秘密にしました。それから、 彼女はナジュムッディーンの王子、トゥーラーン・シャーを召還し、彼に十字軍 との戦いを委ねました。

 一方、マンスーラでは、マムルーク(奴隷身分の騎兵)・バハリーヤ軍団の指 導者バイバルスの指揮により、エジプト軍がルイ9世の軍隊を敗退させました。  そこで、ルイ9世は、ムスリム軍を再度攻撃すべく、軍再編のためにドムヤー ト(ダミエッタ)まで撤退しようと考えました。しかし、病が蔓延したことと、 ムスリム軍の船団が彼の船団を攻撃したことから、彼は、エルサレムの十字軍へ の返還を条件に、ドムヤートを放棄する、という内容の休戦を求めるしかなく なったのです。

 しかし、トゥーラーン・シャーはその申し出を拒みました。彼には勝算があっ たのです。十字軍はドムヤートへの撤退を始めましたが、その途中のファルス コールでエジプト軍と遭遇し、大敗北を帰すことになったのでした。そして、十 字軍はルイ9世を筆頭に捕虜となりました。兵士たちはみな投獄され、ルイ9世 は、カーディー(裁判官)イブン・ルクマーンの屋敷に軟禁されました。

 トゥーラーン・シャーは、自分と十字軍捕虜たちの身代金として、80万ディ ナールを支払って、ムスリムと10年間の休戦協定を結んだ十字軍の王を厚遇し ました。
 そして、休戦協定締結後、ルイ9世はヨーロッパに帰りました。このようにし て、第7回十字軍は敗退したのでした。

 インシャーアッラー、次回はマムルーク朝と、マムルーク朝が遭遇した十字軍 の危険についてお話しましょう。それでは、またお会いする日まで。



筆者:リハーブ・ザハラーン

(2007年6月12日更新)

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2007年 アラブ イスラーム学院