アラブ料理
 

【ウルズ・ビ・ラバン(日本米のココナッツミルクプディング)】

xxx

日本米は意外なほどココナッツミルクと合います。マー・ッザハル(コメント参 照)の香りが優しく、穏やかな甘さと冷たさがうれしいデザートです。アーモン ドの実をローストしたものをトッピングすることでテクスチャー(口に入れたと きの触感・噛みごたえ)と味のアクセントになります。

<材料10人分> 日本米カップ1、水250cc、A(牛乳500cc、水250cc)、ココナッツミルク90cc、マー・ッザハル(コメント参照)大さじ1/2、片栗粉大さじ2と1/2、砂糖125g、トッピング用のアーモンドロースト 適宜

<作り方>
1 日本米はさっと1回だけ洗います。
2 お米と水を鍋にいれ、お米がおかゆ状になるまで弱火で30分程度煮ます。水が足りない場合は適宜足します。
3 2に上記Aを入れ、こげつかないようかきまぜながら、中火(ぶくぶくと気泡ができる程度)で最初の2/3程度の量になるまで煮詰めていきます。
4 ココナッツミルク、マー・ッザハルと水で溶いた片栗粉、砂糖を加えてさらに弱火で煮詰めます。やわらかめの牛乳プリンのようになってきたところで味をみて、甘さを調整して火をとめます。
5 粗熱をとってから冷蔵庫で冷やします。
6 お皿に盛り付け、アーモンドを砕いたものと、そのままのものをトッピングして供します。

<コメント> 
*マー・ッザハル:
マーは水、ザハルは花の意味で、洋菓子を作るときのエッセンスと同じ役割です。ですが、私はこのデザートにはマー・ッザハルが不可欠のように思っているので、バニラエッセンスやオレンジキュラソーなどで代用することには消極的です。よろしかったらぜひアラブ食材店で探してみてください。
*甘さ控えめがお好きな方は砂糖を最初に半量加え、味をみてから調整する事をお勧めします。

筆者:マキ キミノ フクウラ
アラブ イスラーム学院 学生

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2006年 アラブ イスラーム学院