アラブ料理
 

【ダジャージャ・ケバブ(鶏肉の串焼き)】

ダジャージャ・ケバブ(鶏肉の串焼き)

肉などを串にさして焼いたものをケバブと呼びます。ダジャージャとは鶏のことですので、アラブ風の焼き鳥といったところでしょうか。日本の焼き鳥と異なり、よくよく味をもみ込んでから串に刺して焼きます。日本人の口に合うと思います。ここではご飯と付け合せましたが、立食パーティーや戸外のバーベキューでも人気のある一品です。

<材料6人分> 鶏もも肉1kg、トマト(缶詰め)1缶、 クミンパウダー大さじ1、ジンジャーパウダー(またはおろししょうが)大さじ1、コリアンダーパウダー大さじ1、カルダモンパウダー小さじ1/2、黒こしょう小さじ1、クローブパウダー小さじ1/2、ローリエパウダー小さじ1
A(レモン汁大さじ1、にんにく2片、玉ねぎ(大玉)1/2個、サラダ油大さじ2、オリーブオイル大さじ2、サフラン少々(なければターメリックパウダーで代用可))

<作り方>
1 鶏もも肉を洗い、皮と余計な脂肪をのぞいてから一口大に切って大きめのボールに入れます。
2 上記Aの材料をすべてブレンダーにいれ、ペースト状にします。
3 1に2を加えてもみこみます。
4 3を冷蔵庫にいれて30分以上寝かせ、味をしみこませます。
5 サフランライスを炊きます(コメント欄参照)。
6 4を寝かせている間にトマトソースを作ります。適量のオリーブオイル(分量は上記適用外)でにんにくを炒め、香りがたったらトマトを加えて30分ほど煮込み、塩少々と上記スパイスを加え、味見をしながら調整します。
7 4を冷蔵庫から出し、串にさしグリルで焼きます。
8 サフランライスの上に、ダジャージャケバブを載せ、トマトソースを添えます。

<コメント> 
* ローリエパウダーがない時は、ローリエの葉を刻んだもので代用できます。
* サフランライスは、少なめに水加減した米3合に対してバター大さじ1とサフラン少々をいれ、普通に炊きます。

筆者:マキ キミノ フクウラ
アラブ イスラーム学院 学生

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2006年 アラブ イスラーム学院