アラビア書籍と日本
 

【ビジネスとマネジメント】
 

日本のマネジメント術の解析です。

・ 日本のマネージメント戦略
・ ビジネスとマネージメント分野における日本の儀礼と道徳
・ 日本のマネージメント術

★アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本のタイトル:

日本のマネージメント戦略 日本のマネージメント戦略

إستراتيجية الإدارة اليابانية

تأليف: إبراهيم عبد الله المنيف


*本書の紹介:
戦略的マネージメントの分野での日本の試みは先導的であり、深く掘り下げるに値するものです。またその試みには覆いがかかっており、さまざまな疑問が駆け巡ります。

日本は天然資源に乏しいにもかかわらず、どのようにして発展を実現させたのか? 何故日本の奇跡は実現し、天然資源収益を持つ他の多くの国々ではそれが実現しなかったのか?

伝統と、土着の環境から出立したマネージメント手段の発明で実現した近代化とを、日本人はどのように融合させたのか? 西洋のマネージメント理論とは異なるこの奇跡を、日本はどのようにして実現したのか?

マネージメントについてのアラブの研究者たちは、どのようにすれば、土着の環境や伝統習慣の中から、アラブマネージメント戦略を引き出せるのか?

日本のマネージメント概念とその基本をアラブ世界へ持ち込み、それを試みてアラブで成功させることができるのか?

本書はそれらの疑問によい方法で答え、アラブの読者や文化人に、発展への新たな方向を開こうとしているのです。


*本のタイトル:

ビジネスとマネージメント分野における日本の儀礼と道徳 ビジネスとマネージメント分野における日本の儀礼と道徳

آداب السلوك والأخلاقاليابانية في ميدان التجارة وإدارة
الأعمال

تأليف: بوي دي مانتي

アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本書の紹介:
本書は、ビジネスの分野で見られる日本の儀礼や道徳を紹介するもので、特にヨーロッパのビジネスマンたちを第一の対象としています。そしてそれはまた、アラブ読者に対しての同件に関する警告でもあります。
   
本書のアラビア語への翻訳は、アラブのビジネスマンに対して、日本人と接するのは西洋人だけではないということを呼びかけているのです。アラブ人と日本人は、その極東と近東において古い歴史を持つ東洋の者同士なのですから。

著者は日本の考えや慣習に光を当てて日本のビジネス世界やそのマネージメントの基礎を分析します。そして多岐の分野にわたる日本の成功と発展の背後にある秘密を解き明かし、また日本人の同僚と仕事をしようとする西洋のビジネスマンたちにとってはまだ不明瞭な日本的作法の数々も紹介します。


*本のタイトル:

日本のマネージメント術 日本のマネージメント術

فن الإدارة اليابانية

تأليف: ريشارد باسكال، انطوني أثوس
ترجمة، تحقيق: انطوني ج. اثوس

アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本書の紹介:
「マネージメントは一つの学問や専門分野であるだけではありません。それは、固有のモラルや教条、設備、用語を有する一つの文明なのです。」

ピーター・ダーコールはかつてこの言葉でマネージメントというものを定義付け、本書の著者の1人は、それを日本のマネージメントに関する自分の研究材料にしています。

日本のマネージメントは、成功を可能にし、団体や会社の成功に欠かせない7つの要素―手段、管理者、技能、システム、目標、戦略、基盤―を結集させる優れた芸術なのです。日本人の生産エネルギーは産業から産業へと次々に増大し、日本はついにイギリスを越え、アメリカを追い越すほどになりました。

この2人の著者は、日本の急速な発展とその正しい道のりに関する自分たちの意見に基づいて本書の出版を志しました。

本書は日本のマネージメントに関する重要でサンプル的な研究を含んでおり、その目的は日本人に目を向けることなのです。日本人が我々の姿を映し出す特殊な鏡だとすれば、それはきっと我々が注意すべき点を見直すための方向性を示してくれることでしょう。




週刊アラブマガジン編集部


(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院