アラビア書籍と日本
 

【社会と教育 その2】
 

日本の産業発展における教育の役割や社会、文化を解析するアラビア語書籍をご紹介します。

・ 日本の奇跡の謎
・ 日本:その伝統習慣と優秀性
・ 日本の優秀性とアラブの試み
・ 日本の夢
・ 鏡の森:私の日本紹介

★アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本のタイトル:

日本の奇跡の謎

خفايا المعجزة اليابانية

تأليف: مجموعة من الكتاب اليابانيين
ترجمة، تحقيق: عبد الله مكي القروص

アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本書の紹介:
さまざまな分野の研究者や学者、そして一般の人々のすべての予想を超えたその突然の優越によって、日本は驚きの謎であり続けています。世界を席巻し、アメリカやヨーロッパ製品の売り上げ率を超えた日本製品を通して現われたその優越性を担う奇跡の背後には、幾つかの事柄が存在します。

日本の奇跡の謎については誰もが知りたいと願っています。
日本の学者や著者、専門家たちの手によって準備され、著された本書は、読者が知りたい情報をすべて提供します。そこで読者は、過去においても現在においても日本の偉大な発展に影響を与えている多くの点―集団的共同作業、時間の重視、仕事に対する真面目さ、物事を選ぶ前にまずよく知ろうとすること、節約、消費節減、正しく誠実な指揮の許での前進、学問への熱意等々―に目を向けることでしょう。

本書に含まれる記事から、読者はこのテーマにまつわる多くの情報を確実に得ることができ、さまざまな形でそれを手本するはずです。そしてそれは現状の改善を促し、急速な発展が時代を追い越すようなこの世界で、学問的・実践的収穫をもたらす方法へと導くことでしょう。


*本のタイトル:

日本:その伝統習慣と優秀性

اليابان العادات والتقاليد وإدمان التفوق

تأليف: عبد الفتاح محمد شبانة

アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本書の紹介:
日本への訪問者は、最新技術の使用によるその驚異的な産業発展に圧倒されます。
そしてこのように戸惑いがちな問いを繰り返すのです:
「日本は、どのようにして『きものの伝統』と『コンピューター』とを融合させたのであろうか」
「いかにして日本古来の伝統的要素と現代的要素とを調和させたのであろうか」と。

本書は、日本がアメリカや裕福な西洋諸国を脅かす巨大な経済力を実現させたいくつかの要素を示し、それと同時に、結婚の儀式や贈り物の習慣、日本茶を飲むこと、美しく伝統的なきもの、そしてフラワーアレンジメント「生け花」といった、今なお日本社会の主流である伝統的生活様式を紹介します。また我々の社会の女性たちが大いに興味を持つ真珠とその養殖、そしてその選別方法と保護についての紹介も忘れられてはいません。


*本のタイトル:

日本の優秀性とアラブの試み

التفوق الياباني وملامح التجربة العربية

تأليف: عبد الرحمن بن صالح المشيقح


*本書の紹介:
本書の著者は、2つの民族、または2つの共同体の現状を示します。一方は発展や近代化のための資源を所有しながら、その発進をさまざまな障害によってさまたげられているアラブ共同体です。もう一方は日本人で、彼らはそのような資源には恵まれませんでしたが、強い意志と優秀性を持ち合わせたために、道をはばむすべての困難を、その意志の強さで取るに足りないものとし、長い道のりの最後には目的にたどり着きました。

著者はその比較と描写の中で、真の力と有益な投資は、人間構築と目的ある計画を通してこそ現われるのであり、それ以外のものは、道中の補助的事柄に過ぎないということを確証しようとします。

イスラーム教義の中に顕在し、最大の影響力を持つ構築の手段と連帯を、ムスリムは所有しています。しかしながらムスリムが先進文明に追いつき、昔文明を作り出したかつての地位に到達するために欠けているものは、宗教の包括的理解、あるいはいわゆる現状考察による宗教理解です。その中には、労働の価値や労働のための誠実さの認識不足や、それらのモラルを宗教理解と結びつけることの欠如も含まれています。そしてそれらのものは人間の価値の認識と、社会における人の影響の認識を通してこそ実現するものなのです。

著者は本書の中でこの点に立ち止まり、欠落のない包括的なイスラーム概念認識の必要性を確証します。


*本のタイトル:

日本の夢

الحلم الياباني

تأليف: غالي شكري


*本書の紹介:
本書は、過去または現在における日本の試みや、日本の主な伝統習慣について描写します。


*本のタイトル:

鏡の森:私の日本紹介

غابة المرايا اليابانية مقدمة ذاتية

تأليف: محمد عضيمة

アラブ イスラーム学院図書室で閲覧できます。


*本書の紹介:
著者は本書の中で、アイデンティティーを保持しながら発展のために努力したことで特徴的な日本近代化試行を描写し、また日本人文学者や詩人たちとの会見や、最初の日本旅行で抱いた印象について語ります。




週刊アラブマガジン編集部


(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

 

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院