アンダルシアの歴史
 

【ムラービト朝とムワッヒド朝の時代】



親愛なる読者の皆さん:

アンダルシアの国々はムラービト朝とムワッヒド朝の時代に、かつての軍事的優 越を取り戻しましたが、ウマイヤ朝時代のような領土の統一や結束を取り戻すこ とはできませんでした。それは、アンダルシアを統一した力が外部からもたらさ れたことによるものでした。

ムラービト朝とムワッヒド朝は北アフリカのベルベル人の集団でした。ムラービ ト朝は、トレド陥落後に、アル=ムウタミドがセビリア救援を要請したマグリブ 地方の統治者たちでした。実際にムラービト朝は、ヒジュラ歴479年/西暦 1086年、キリスト教徒たちに勝利し、キリスト教徒はその敗北後、イベリア 半島北部へと戻っていきました。

ムラービト朝はアンダルシアの首長として暮らし、富裕な生活を享受しました。 そしてムラービト朝のアミール、ユースフ・ビン・ターシフィーンは帰還し、自 らのためにモロッコに安定した大国を築きました。ムスリムは当初は団結してい たのですが、アンダルシア各都市の王たちから危険が遠ざかると、王たちはまた もや以前のように分裂や紛争へと戻っていきました。

ムラービト朝の最後は、彼ら同様、北アフリカからやって来た別の聖戦士たちの 手によってもたらされました。それは強力なムワッヒド朝の人々でした。ムワッ ヒド朝もまたアンダルシアにおいてキリスト教徒たちに勝利し、ムラービト朝の 撤退後、アンダルシアを統治しました。

ムワッヒド朝はキリスト教徒の襲撃を防ぐため、セビリア要塞の一部として「黄 金の塔」を建てました。それから彼らは当地で裕福な暮らしを享受しましたが、 勝利後のその豊かな暮らしも長くは続きませんでした。ヨーロッパ全土が彼らに 対し、キリスト教軍として宣戦布告したからです。そしてムワッヒド朝は、ヒ ジュラ歴609年/西暦1213年、キリスト教軍に敗北しました。

こうしてムワッヒド朝はアンダルシア全土における支配権を失い、また土地その ものも失いました。そしてムワッヒド朝の人々は北アフリカへと帰って行き、ア ンダルシアのムスリムたちが、ヒジュラ歴633年/西暦1235年、その終焉 に直面するにまかせたのです。

こうして、小さなグラナダ王朝だけがアンダルシアにおいて残ったイスラーム王 朝となりました。また歴史家が言うように、グラナダ王朝は沈み行くアンダルシ アにおけるイスラームの最後の輝きだったのです。

それでは次回は、アンダルシアにおけるイスラームの中心地、グラナダ王朝につ いてお話しましょう。またお会いする日まで。

筆者:リハーブ ザフラーン

                

(→バックナンバー
(→週刊アラブマガジンのトップ


 
↑UP↑

前に戻る


アラブマガジンへもどる

アラビア語カフェ | アラブ イスラーム学院 | サイトマップ | ヘルプ



2006年 アラブ イスラーム学院