ハッジとは? | はじめに | ウムラのやり方1 | ウムラのやり方2 | ハッジのやりかた | 預言者モスク訪問

 
ハッジ研究
 

預言者モスク訪問


ハッジに行った人が預言者モスク訪問を望んだ場合、ハッジの前または後にモスク訪問をすることは構いませんが、その際、「お墓参り」を意図しないようにしましょう。墓参りはイバーダではありません。
スンナでは「マスジドルハラーム、預言者モスク、アルアクサーモスク訪問のために(イバーダとして)は旅をしてもいい」ことになっています。

預言者モスクに着いたら、右足から入り、「ビスミッラー、ワッサラート ワッサラーム アラー ラスーリッラー 、アッラーフンマグフィルリー ズヌービー 、ワフタフリー アブワーバ ラハマタカ、アウーズビッラーヒルアズィーム、ワワジュヒヒルカリーム、ワビスルターニヒルカディーム ミナッシャイターニッラジーム」というドゥアーを言います。
その後好むだけ礼拝をします。なるべくこれらのことを、2つの間に楽園の数ある庭のひとつがあるといわれている、預言者の説教台(ミンバル)と、預言者の墓がある彼の部屋の間に位置する、ラウダと呼ばれるところで行うのがよいとされています。


礼拝の後に預言者の墓に行きたい場合、墓の前に礼儀正しく敬意をもって立ち次のように言います。
「アッサラームアライカ アイユハンナビーイ ワラハマトゥッラーヒ ワバラカートゥフ、アッラーフンマ サッリ アラー ムハンマド ワアラー アーリ ムハンマド カマ サッライタ アラー イブラーヒーマ ワアラー アーリ イブラーヒーマ インナカ ハミードゥン マジード
アッラーフンマ バーリク アラー ムハンマド ワアラー アーリ ムハンマド カマー バーラクタ アラー イブラーヒーマ ワアラー アーリ イブラーヒーマ インナカ ハミードゥン マジード
アシュハド アンナカ ラスールッラーヒ ハッカン、ワ アンナカ カド バッラグタッリサーラ、アッダイタルアマーナ、ワナサハタルウンマ、ワ ジャーハッタ フィッラーヒ ハッカ ジハーディヒ、ファ ジャザーカッラーフ アン ウンマティカ アフダル マ ジャザー ナビーヤン アン ウンマティヒ」



それから少し右に行きアブーバクルにサラームし、彼のためにドゥアーをします。さらに右に行き、ウマルブヌルハッターブにも同様に行います。
アッラーに近付くために預言者の部屋に触ったり、そこの周りをまわったり、ドゥアーの時にそちらを向かないようにしましょう。ドゥアーはキブラの方向に向かって行いましょう。
女性はお墓に行ってはいけません。その場で預言者にサラームし、彼のためにドゥアーをしましょう。そのサラームはマラーイカによって預言者のもとに届きます。

男性は特に、アルバキーウと呼ばれるアルマディーナの墓地を訪れることが奨励されています。そして次のように言います。
「アッサラーム アライカ アハルッディヤーリ ミナルムウミニーン ワ インナー イン シャーアッラフ ビクム ラーヒクーン、ヤルハムッラーフルムスタクディミーナ ワルムスタアヒリーン、ナスアルッラーハ ラナー ワラクムルアーフィヤ、アッラーフンマ ラー タハリムナー アジュラフム、ワラー タフィトゥナー バアダフム、ワグフィルラナー ワラフム」

もし望むならば、誰かにガズワ、ジハード、災難、殉教など、預言者とサハーバたちに起こったことを語ってもらうこともよいことです。そして、そこで、殉教者たち(ハムザ(預言者のおじ)など)にサラームをします。


 
↑UP↑







 




2004年 アラブ イスラーム学院