トップ | イスラーム研究1 | イスラーム研究2 | イスラームと女性 | イスラーム世界とキリスト教 | イスラームと教育
 

『イスラーム研究その2』
 

 小冊子『真理の教え(ディーヌ・ル・ハック)』(A.R.イブン・ハッマード・アール・ウマル著/アシュラフ安井訳)はイスラームの基本的な教えを分りやすく説明している本です。本文中のクルアーンやハディースの引用文はアラビア語原文と日本語訳で書かれています。特にクルアーン引用節に関しては章と節の番号が記載されていますのでクルアーンをお持ちの方はぜひ実際にクルアーンを開いて照らし合わせてみてください。  
 
今週のテーマは「救いへの招請です。

 

目次
* はじめに
* 訳者前書き
* 第1章 偉大なる創造主アッラーを知る
1.
アッラー存在の証明
2.
アッラーのスィファート(属性)
3.
アッラーが人間とジン(2)を創造なされた目的
4.
復活と生前の行為と死後の報い
5.
人間の言行

* 第2章 使徒を知る

1.
偉大なる使徒(1)
2.
使徒(1)の奇跡(ムゥジザート)(2)
3.
アル・クルアーンがアッラーフ・タアーラーのみ言葉であることとムハンマドが使徒であることの合理的証明と証拠
4.
アッラーとムハンマドのイーマーン(信仰)への呼び掛け

* 第3章 真理の教え『イスラーム』を知る

1.
イスラームへの招請
2.
イスラームの意味
3.
五柱 [1]第1の柱:シャハーダ(証言)
  [2]第2の柱:サラー(礼拝)
  [3]第3の柱:ザカー(浄財の供出)
  [4]第4の柱:サウム(断食)
  [5]第5の柱:ハッジ(巡礼)
4.
イーマーン(信仰)

* 第4章 イスラームにおける生き方

1.
イルムについて
2.
アキーダ(信条)について
3.
人々との諸関係について
4.
信仰あるものにとって
5.
社会生活における相互責任と相互扶助
6.
内政
7.
外交政策
8.
自由
9.
家族
10.
健康
11.
商業・経済・産業・農業
12.
目に見えない敵
13.
高尚な目的と幸福な生活

* 第5章 イスラームに対する誤解

1.
イスラームを悪く言う人達
2.
イスラームの源泉
3.
マズハブ(1)
4.
イスラームとは無関係な団体

* 救いへの招請








イスラーム講座

アラブ イスラーム学院にて、日本語によるイスラーム講座が毎週土曜日に行われています。参加者は随時募集中です。詳細については別ページを参照して下さい。

 

携帯用サイト

携帯用礼拝時間サイト
Salat Times

国内主要都市の礼拝時間一覧を提供。主要3携帯に対応。

 

オーディオ

クルアーン
アザーンとイカーマ
クルアーンラジオ
サウディテレビ
 

 


日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2005年 アラブ イスラーム学院