トップ | イスラーム研究1 | イスラーム研究2 | イスラームと女性 | イスラーム世界とキリスト教 | イスラームと教育
 
イスラーム研究その2


第2章 使徒を知る
 

1.偉大なる使徒(1)

頭脳明晰な読者よ、アッラーこそあなたを創造なされたあなたのラッブ(主)であることと、次にあなたの行為に見合った報いを受けるためにあなたを死後甦らせられることとを知ったならば、アッラーはあなた及びすべての人々に使徒を遣わされ、使徒に服従し追従するよう命じられたことを知るべきです。この使徒に従うことと、かれに託されたシャリーア(法)をもってアッラーを崇拝することしか正しい崇拝への認識への道がないことも伝えていらっしゃいます。

すべての人が信仰し追従しなければならない高潔なこの使徒こそ使徒達の封印(ハータム・ル・ムルサリーン)であり、全人類へ遣わされた使徒なのです。キリスト教徒やユダヤ教徒が福音書や律法を粗末に扱ったり改竄(かいざん)したりする以前にかれらが読んでいたこの2聖典のなかで40箇所以上にわたってムーサー(モーゼ)やイーサー(イエス)が文盲であられた使徒ムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)の出現の吉報を伝えていたのでした。

使徒達の封印としてまた全人類に遣わされたこの高潔な使徒こそクライシュ族の中の一氏族であるハーシム家のムハンマド・ブン・アブドゥッラー・ブン・アブドゥ・ル・ムッタリブ・アルハーシミー・アルクラシーと呼ばれた方なのです。地上における最も名誉ある部族の中で名誉と信頼が最も厚かった方であられました。かれは預言者イブラーヒームの子息であった預言者イスマーイールの血筋を引いた方であられました。預言者達(2)の封印(ハータム・ル・アンビヤー)であられるムハンマド(アライヒッサラート・ワッサラーム)はマッカに570年に生まれました。生まれた夜母の体内から産声をあげられた瞬間、全宇宙を偉大なる光(ヌール)が照らし、全人類を驚かせ史書にこの偉大なる出来事が記されたのでした。マッカのカーバ神殿で崇拝されていたクライシュ族の偶像は破壊されました(1)。ペルシャ皇帝の権威は揺れ動きその栄誉は数年で地に落ちました。それまで2千年間燃え続けペルシャが崇拝の対象としてきた火は消えたのでした。

これらすべては預言者達の封印の誕生をもってアッラーフ・タアーラーからの地上の住民に対してなされた宣言でした。これはまたアッラーを度外視して崇拝されてきた偶像を破壊し、ペルシャ人やビザンティンの人々に唯一神であられるアッラーへの崇拝を説くとともにアッラーの真理の教えに入るよう呼び掛けた人物の誕生を知らせる吉報でもありました。かれらがこの真理の教えを拒んだとき、かれとかれと一緒に苦楽を共にしてきた追従者達(2)はかれらとジハード(3)を交えたのでした。またアッラーはかれに対しかれを援助し、地上の光である真理の教えを広めたのでした。これら一連の事件はアッラーが使徒ムハンマドを遣わされたのちに起こった史実でした。

アッラーは以前に遣わされた他の使徒達と使徒達の封印であられるムハンマドとを次の点において選別されました。

(i)使徒達の封印であって、かれの死後使徒又は預言者は出現しない。
(ii)全人類への啓示として普遍化。


人類はすべてムハンマドのウンマ(共同体)の一員で、ムハンマドに服従し追従した者達はジャンナ(楽園)に入れる者達なのです。かれに逆らった者達はナール(業火)に入れられてしまうのです。ユダヤ教徒やキリスト教徒でさえもかれに追従することを課せられているのです。かれに追従せず信仰しない者達はムーサー(モーゼ)やイーサー(イエス)及びすべての預言者達に対しても背を向けることになるのです。ムーサーやイーサー及びすべての預言者達はムハンマド(アライヒッサラーム)に追従しないすべての人間とは無縁なのです。

アッラーはかれらにムハンマドが預言者として遣わされるという吉報を伝えることと、各民族にアッラーがかれを遣わされたならばかれに追従することを説くよう命じられたからです。アッラーが啓示した教えこそアッラーが他の使徒達に啓示した教えであるからです。アッラーはその教えの完璧さと寛大さを使徒達の封印であるこの高潔な使徒の時代に達成させたのでした。イスラームは過去のすべての教えに取って代わった完璧な教えであり一切の偽りもない真理の教えであるが故、ムハンマドが遣わされた後かれに啓示されたイスラーム以外の教えを信仰することは誰にも許されていないのです(1)。

ユダヤ教徒やキリスト教徒に関してその教えはアッラーが啓示されたものとは異なって、改竄(かいざん)されたものなのです。ムハンマドに追従するすべての者はムーサーとイーサー及び他のすべての預言者達の追従者と見なされるのです。たとえムーサーとイーサーの追従者だと言われたとしても、イスラームを信仰しない者はすべてムーサーとイーサー及びすべての預言者達に背を向けた背信の徒なのです。

このため頭脳明晰なユダヤ教徒やキリスト教徒の聖職者達の一団は急きょムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)の預言を信仰しイスラームに入信したのでした。

 














日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2004年 アラブ イスラーム学院