トップ | イスラーム研究1 | イスラーム研究2 | イスラームと女性 | イスラーム世界とキリスト教 | イスラームと教育
 
イスラーム研究その2


第5章 イスラームに対する誤解
 

1. イスラームを悪く言う人達

イスラームについて悪く言う人達の多くは次の2つに分類されます。

第1のグループ 下記に掲げるグループに属し、自分たちはムスリムであると言いながら、言行においてイスラームの信条に反し、誤った行動をしている人達のことです。イスラームにはまったく罪はないのです。従って、かれらはイスラームの教えを代弁しておらず、かれらの言行をイスラームに帰属させることは間違っています。

(i) 死者に御利益を祈願したり禍福を信じたりして、墓の回りを回っている者達のように、イスラームの信仰から離脱している者達のことです。
(ii) 倫理的にもイスラームから外れている者達で、こういう人達はアッラーが課した義務を怠り、姦通や飲酒のような犯してはならないことを犯す人達です。また、このような人達はアッラーの敵を好み、その容姿や行動を真似する人達でもあります。
(iii) イスラームをよく思わない人達の中にはムスリムもいます。こういう人達はアッラーへの信仰が弱くイスラームの教えの実践に乏しい人達です。こういう人達はある義務に関していい加減で、大シルクとまではいかなくても、背信行為とされる非合法的なことをして罪を犯している人達のことです。こういう人達は禁止された悪習に慣れているのです。イスラームはこのようなこととはまったく無関係なのです。虚偽やごまかし、約束を反故にし、嫉妬をいだくなどのような行為は大罪と見なせるでしょう。こういう人達はすべてがイスラームを悪くする人達です。ムスリム以外でイスラームに無知な者はイスラームはかれらがしていることだと思うことでしょう。

第2のグループ イスラーム(アッラーへの服従)について悪評する人達の中にはイスラームに敵意を抱く人達がいます。かれらたちこそイスラームを嫌悪している者達なのです。こういう人達に東洋学者とキリスト教やユダヤ教の宣教師達が挙げられます。そして、これらの人達にイスラームに嫌悪を抱く人達すべてが続きます。かれらを怒らせたのはイスラームの完璧さと寛大さ、それに急速な広がりでした。それは提示しただけで受け入れられたフィトラ(1)(生得)の教えであったからです。ムスリム以外のすべての人間は失望と自分たちの宗教あるいは宗派に満足できない状態の中であえいでいます。これらの宗教や宗派はアッラーが礎としたフィトラに反しているからです。イスラームは人類がその教えに満足し幸福に暮らせるためのただ唯一の教えであるだけではなくアッラーが定められたディーヌ・ル・ハック(真理の教え)でもあるからです。アッラーが定められた法は人間の創始のさいアッラーが礎とされたフィトラと合致しているからです。かくてすべてのキリスト教徒やユダヤ教徒及びイスラームから離脱している人達に次のように告げたいと思います。「あなたの子供達はイスラームのフィトラで生まれました。しかし、あなたや母親達がだめな教育で子供達を背信の状態にしてイスラームの教えから遠ざけたのです。これはイスラームに反した者達の行為なのです。」

東洋学者や宣教師達はイスラーム及び使徒達の最後の封印であられる使徒(ラスールッラーヒ、サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)を偽ることにあえて専念しました。その理由は下記の通りです。

(i) 啓示を偽ったこと。
(ii) 欠点や負から無縁で完璧であられるにもかかわらず、使徒を中傷したりしたこと。
(iii) 全知で英明であられるアッラーが定められた公正なイスラーム法から人々を背けさせるためにイスラーム法を歪曲したこと。

しかし、かれらたちはハック(真理)に挑戦し挑んできていますが、ハックは高められても、低められることは決してありませんので、アッラーフ・スブハーナはかれらの計略を無効にされてきました。アッラーフ・タアーラーは次のようにおっしゃっています。

((يُرِيدُونَ لِيُطْفِؤُوا نُورَ اللَّهِ بِأَفْوَاهِهِمْ وَاللَّهُ مُتِمُّ نُورِهِ وَلَوْ كَرِهَ الْكَافِرُونَ 8 هُوَ الَّذِي أَرْسَلَ رَسُولَهُ بِالْهُدَى وَدِينِ الْحَقِّ لِيُظْهِرَهُ عَلَى الدِّينِ كُلِّهِ وَلَوْ كَرِهَ الْمُشْرِكُون))

かれらたちは口先でヌールッラー(アッラーのみ光)[アル・クルアーンの啓示(1)]を消そうとする。アッラーはみ光を全うされるお方。たとえカーフィルーン(背信の徒)が忌み嫌おうとしても。*かれこそ[他の]ディーン(教え)すべてに対し、それ[イスラーム]を勝利させるために[人類への]フダー(導き)とディーヌ・ル・ハック(真理の教え)を携えさせて一人の使徒を遣わされたお方。たとえムシュリクーン(多神教徒達)が忌み嫌おうとしても。
(Q61/8−9)

 














日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2004年 アラブ イスラーム学院