トップ | イスラーム研究1 | イスラーム研究2 | イスラームと女性 | イスラーム世界とキリスト教 | イスラームと教育
 
イスラーム研究その2


第3章 真理の教え『イスラーム』を知る
 

1.イスラームへの招請

頭脳明晰な読者よ、アッラーフ・タアーラーこそあなたを創造なされたことを知り、糧を授けられたあなたのラッブ(主)であることを知り、かついかなる同伴者も持たぬ唯一なる真のイラー(崇拝の対象)であることなどを知りました。そして、アッラーのみを崇拝しなければならないことと、ムハンマドがあなた及び全人類に遣わされた使徒であることを知ったならば、イスラームの教えを知り信仰し実践して初めて、アッラーフ・タアーラーとその使徒ムハンマド(アライヒッサラート・ワッサラーム)へのあなたの信仰が正しいものとなることを知らなければなりません。それはアッラーフ・タアーラーが満足され、諸使徒に広めるよう命じられ、かれらの封印としてムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)を全人類に遣わし、実践するよう説いた教えだからです。

2.イスラームの意味

使徒達の封印(ハータム・ル・ムルサリーン)であられる全人類に遣わされたラスールッラー(アッラーの使徒)は次のようにおっしゃいました。

تشهد أن لا إله إلا الله و أن محمدا رسول الله و تقيم الصلاة و تؤتي الزكاة و تصوم رمضان و تحج البيت إن استطعت إليه سبيلا

《「イスラームとはアッラー以外にイラー(崇拝の対象)はなくムハンマドはアッラーの使徒」とシャハーダ(証言)しサラー(礼拝)を行いザカー(浄財の供出)をしラマダーン月のサウム(断食)をし、もし可能であるならばハッジ(カーバ神殿への巡礼)をすることである》と(1)。

イスラームとはアッラーが全人類に崇拝するよう命じられた世界的な教えなのです。諸使徒が信仰しアッラーへの服従を唱え、アッラーがイスラームこそディーヌ・ル・ハック(真理の教え)であり、イスラーム以外はアッラーは誰からもディーン(教え)を受け入れられないと宣言されました。アッラーフ・タアーラーは次のようにおっしゃっています。

アッラーのみ許にあるディーン(教え)こそイスラームである

((إِنَّ الدِّينَ عِندَ اللّهِ الإِسْلاَمُ)).

(Q3/19)

 アッラーフ・タアーラーは次のようにおっしゃっています。

((وَمَن يَبْتَغِ غَيْرَ الإِسْلاَمِ دِينًا فَلَن يُقْبَلَ مِنْهُ وَهُوَ فِي الآخِرَةِ مِنَ الْخَاسِرِينَ))

イスラーム以外に[他の]ディーン(教え)を求める者は決して受け入れられない。アーヒラ(来世)では失敗者なのだ。(Q3/85)

アーヤの意味 最初のアーヤではアッラーのみ許にあるディーン(教え)はイスラームしかないということが伝えられ、もうひとつのアーヤではアッラーはイスラーム以外誰からもディーン(教え)を受け入れられないということが伝えられています。死後幸福を得るものはムスリムだけなのです。イスラーム以外の教えで死んだものはアーヒラ(来世)において失敗者で、ナール(業火)で罰せられるのです。

このためすべての預言者達はアッラーへの服従(イスラーム)を宣言し、アッラーに服従していない者とは無関係であることを宣言したのでした。救い(ナジャー)と幸福を望むユダヤ教徒達やキリスト教徒達が本当にムーサーやイーサー(イエス)の追従者になるためにはイスラームに入ってイスラームの使徒ムハンマド(アライヒッサラート・ワッサラーム)に追従すべきなのです。ムーサーやイーサーやムハンマドそれに他のすべての使徒達もムスリム(アッラーへの追従者)で、イスラーム(アッラーへの服従)を説いたのでした。イスラームは既に使徒達に遣わしたアッラーの教えと同じなのです。使徒達の封印であるムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)が遣わされた後、いかなる預言者もこの世の終末まで現れず、従って預言者と名乗ることは違法で、まして自らムスリムであるなどと唱えることはもうとう正しいということはできません。しかし、アッラーのみ許から遣わされた使徒ムハンマドを信仰し従い、アル・クルアーンの教えを実践した場合を除いてアッラーはこういう人達のイスラームを受け入れることは決してありません。アッラーフ・タアーラーは次のようにおっしゃっています。

((قُلْ إِن كُنتُمْ تُحِبُّونَ اللّهَ فَاتَّبِعُونِي يُحْبِبْكُمُ اللّهُ وَيَغْفِرْ لَكُمْ ذُنُوبَكُمْ وَاللّهُ غَفُورٌ رَّحِيمٌ))

言え。「もしあなたがたがアッラーを愛するならば、わたしに従いなさい。[そうすれば]アッラーはあなたがたを愛しあなたがたの罪を赦されることでしょう。」アッラーはガフールッラヒーム(罪を赦し慈悲深いお方)である。(Q3/31)

アーヤの意味 アッラーはアッラーを愛しているなどと放言する者に「もしアッラーを本当に愛しているならばわたしに従いなさい。そうすればアッラーを愛するであろう。だがアッラーはその使徒ムハンマドを信仰し追従した場合を除いて本当にあなたがたを愛することはなく、またあなたがたの罪を赦されることもないのだ」と言うようにその使徒ムハンマドに命じていらっしゃいます。

アッラーが全人類に遣わされた使徒ムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)に託されたこのイスラームの教えこそ完璧かつ過去のすべての啓示を包括された寛大なイスラームの教えなのです。イスラーム以外の教えしか受け入れられない全人類の教えとしてアッラーが完結させ撰ばれた教えなのです。そしてこの教えこそ過去の預言者達が広めた教えなのです。

((الْيَوْمَ أَكْمَلْتُ لَكُمْ دِينَكُمْ وَأَتْمَمْتُ عَلَيْكُمْ نِعْمَتِي وَرَضِيتُ لَكُمُ الإِسْلاَمَ دِينًا فَمَنِ اضْطُرَّ فِي مَخْمَصَةٍ غَيْرَ مُتَجَانِفٍ لِّإِثْمٍ فَإِنَّ اللّهَ غَفُورٌ رَّحِيمٌ))

本日われはあなたがたにあなたがたのディーン(教え)を完成させた。われのニウマ(恩寵)をあなたがたの上に完了し、あなたがたのためにイスラームを[真理の]ディーンとして撰んだ。(Q5/3)

アーヤの意味 アッラーフ・タアーラーは使徒達の封印であられるムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)に啓示されたこのアーヤの中で、別離の巡礼(1)(ヒッジャトゥ・ル・ワダー)のさいマッカ郊外のアラファートでムスリム達と一緒に立礼され、アッラーを祈念されたことが伝えられています。これは、アッラーがかれを援助され、イスラームが広まりアル・クルアーンの啓示が完成の域に達したときで、使徒ムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)の人生の最後でありました。

さらにこのアーヤではアッラーフ・スブハーナはムスリムにたいしディーヌ・ル・ハック(真理の教え)を完成され、使徒ムハンマド(サッラッラーフ・アライヒ・ワ・サッラム)の派遣とアル・クルアーンの啓示をもってムスリム達の頭上にアッラーの恩寵を完結されたことが伝えられています。また、決して不満も起こらず、ディーヌ・ル・ハック(真理の教え)としてイスラーム以外は誰からも受けいれられず、アッラーの教えとしてムスリムらにイスラームが撰ばれたことが伝えられています。

全人類のために使徒ムハンマドに託されたイスラームこそ時空を越えてあらゆるウンマに適合するすべてのことが包括された完璧な教えであります。それは科学、寛容、正義、善などが包含された教えなのです。ありとあらゆる生活分野に渡って意義ある完成された明解なミンハージュ(1)が説かれた教えです。イスラームは統治、司法、政治、社会、経済及び人類がドゥンヤー(現世)で必要とするすべてに真の生活設計が含まれたディーン即ち倫理とダウラ(国家)の不可分の教えであります。イスラームはまた死後のアーヒラ(来世)でのムスリムの幸福が約束されている教えでもあります。

 














日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ



2004年 アラブ イスラーム学院