西暦2001年 世界イスラーム青年会議(WAMY)セミナー

日本初の青年ムスリムセミナー

 駐日サウジアラビア大使(当時)である、ムハンマド・バシール・クルディ閣下のご出席のもと、日本ムスリム協会と世界イスラーム青年会議(WAMY)は、西暦2001年7月27日から29日にかけて、東京のアラブ・イスラーム学院にて日本初のセミナーを行いました。セミナーにはサウジアラビア、アラブ イスラーム学院、WAMYの各関係者、日本ムスリム協会の会長、理事らが出席。日本の各地域からは、青年ムスリムたちが集い、計56名がセミナーに参加しました。



セミナーのプログラム

 ・参加者登録(世話役:日本ムスリム協会理事 奥野英樹)

 ・開会式司会(日本ムスリム協会副会長、徳増公明)

 ・挨拶〜来賓、在日サウジアラビア大使、アラブ イスラーム学院学院長

西暦2001年7月27日

 ・第1セッション(司会:日本ムスリム協会理事 武藤英臣)

  1)日本のイスラーム活動(個人、グループ)について
    自己紹介もかねて話し合い
  2)イシャーの礼拝

西暦2002年7月28日

 ・第2セッション(司会:日本ムスリム協会副会長 有見次郎)

  1)日本人の宗教観とイスラーム(日本ムスリム協会理事 遠藤利夫)
  2)質疑応答
  3)ズフルの礼拝と昼食

 ・第3セッション(司会:有見次郎)

  1)預言者伝 序論(日本ムスリム協会理事 森伸生)
  2)講演(WAMY ムバーラク・アル・アズミー師)
  3)質疑応答
  4)アスルの礼拝とコーヒーブレーク

 ・第4セッション(司会:日本ムスリム協会理事 片山廣)

  1)聖クルアーンの理解 序論(日本ムスリム協会理事 中田考)
  2)講演(WAMY サウード・アル・フナイサーン師)
  3)質疑応答
  4)マグリブの礼拝
  5)イシャーの礼拝、夕食

西暦2001年7月29日

 ・第5セッション(司会:片山廣)

  1)信仰と教義 序論(日本ムスリム協会理事 柏原良英)
  2)講演(アラブ イスラーム学院イマーム サアド師)
  3)質疑応答
  4)ズフルの礼拝と昼食
  5)セミナーの評価(日本ムスリム協会理事 飯森嘉助ほか)

 ・閉会式(司会:日本ムスリム協会理事 新井卓夫)

 ・挨拶(日本ムスリム協会副会長 徳増公明)(世界イスラーム青年会議代表)



写真で見るWAMYセミナー

 セミナーの模様を撮影し、アルバム形式にまとめてみました。写真部分をクリックすると、拡大写真が別ウィンドウにて表示される仕組みになっています。




声明

 日本ムスリム協会と世界イスラーム青年会議(WAMY)は、東京のアラブ イスラーム学院の協力を得て、日本における最初のセミナーを、駐日サウディアラビア大使、ムハンマド・バシール・クルディ殿下のご出席のもと、2001年7月27日から29日の3日間、アラブ イスラーム学院のホールにおいて、『新世紀に向けて、日本におけるイスラームの理解』〜日本人ムスリムの交流〜をテーマにして開催した。

 参加者は日本の各地域(関東地区、中部地区、関西地区、中国地区、九州地区)から56人の日本人青年ムスリムの代表が参加し、真剣な討議が行われた。同時に彼らの参加により、日本国内の地方の状況が判明した。それは、真の教えを求めている人の多いことである。

セミナーの主な課題は次の4項目である。

 (1)信仰と教義
 (2)聖クルアーンの理解
 (3)預言者伝
 (4)布教活動

 参加者は、WAMY代表と各セッション講演者の、イスラームの教義に関する解説に深い感銘を受けた。主催者は、参加した青年たちの真理を求める意欲に応える義務が生じた。

((今後の課題))

 主催者一同は、日本における大学生をはじめ、一般青年へのイスラーム社会との実りある交流の場を提供するプログラムの検討に取りかかる必要性を強く実感した。それは、「良き芽は良き土壌に育つことを考えるべきである」との認識で一致した。

以上

世界イスラーム青年会議(WAMY)
アラブ イスラーム学院
日本ムスリム協会

西暦2001年7月29日







日本語トップ | リンクについて | サイトマップ | ヘルプ


2002年 アラブ イスラーム学院