過去のニュース

2001年6月8日-9日に国際交流のつどいが催されました。(2001年6月19日付)

2001年6月8日から9日に国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区代々木)にて「第一回交際交流のつどい」が催されました。学院長以下職員と学院生が出席しました。

 

2001年5月7日に当学院の新装開校式が催されました。(2001年5月15日付)

 高円宮憲仁(のりひと)親王殿下ご臨席のもとに、さる2001年5月7日、アラブ・イスラーム学院の新装記念開校式典が開催されました。
 5月8日、9日とシンポジウムが開催され、内外から約250名の出席者がありました。

 

 


 正面が高円宮憲仁親王殿下。向かって左が本校の母校であるイマーム・ムハンマド・ビン・サウード大学総長Dr.ムハンマド・ビン・サアド・アッサーリム氏。右が駐日サウジアラビア大使ムハンマド・バシール・クルディ氏。

 

写真で見る新装開校式

 

当学院でシンポジウムが開催されます。(2001年4月16日付)

シンポジウム開催のご案内シンポジウム開催のご案内
(会議室が定員の場合は、別室でスクリーンを見ながら聴講)

1.標題:「日本とアラブの文化交流について、その歴史及び将来」
2.場所:アラブ イスラーム学院
2.日程:2001年5月8日(火)10:00〜18:10
2001年5月9日(水)10:00〜18:10 
3.プログラム午前の部:10:00〜12:30
4.プログラム午後の部:15:40〜18:10
5.講師:サウジアラビア側より、「アルーイマーム ムハンマド イブンサウード
イスラーム大学」他より多数の講師
:日本側より以下の講師とテーマ(仮)
6.時間割:
(1)2001年5月8日(火)10:00〜12:30
日本におけるイスラーム法の研究/翻訳の現状:中田 考、山口大学助教授 
イスラーム諸国の盟主サウジアラビアと日本:福田 安志、アジア経済研究所部長
(2)2001年5月8日(火)15:40〜18:10
日本におけるアラブ・イスラーム教育、後藤 明、東京大学教授
サウジアラビア−日本の学術交流時代:早稲田大学と国際交流、岡澤 憲芙、早稲田大学理事、教授
(3)2001年5月9日(水)10:00〜12:30
日本におけるイスラーム50年の歩み:樋口美作氏、日本ムスリム協会会長
日本とサウジアラビアの交流史、片倉 邦雄、大東文化大学教授、元アラブ諸国大使
(4)2001年5月9日(水)15:40〜18:10
日本におけるアラブ・イスラーム文化教育、奥田 敦、慶応義塾大学助教授
日本−サウジアラビア友好協会の活動及び使命、林 昂、日本サウジアラビア協会副会長
7.参加費:無料:定員になり次第締め切らせていただきます。
8.申し込み方法:
アラブ イスラーム学院「シンポジウム係」
ファクス:03-3404-8622
氏名:
Name:
住所:〒
所属:
連絡先:Fax: Tel:

2001年4月14日以降から、毎週土曜日、当学院で『イスラーム講座』を開催いたします。プログラムは以下のとおりです。(2001年4月9日付)

16:30-17:15
17:15-17:45
17:45-18:15
 マグリブ礼拝
18:30-19:15
19:20-
20:00    
コーラン研究
アキーダ(信仰)研究
フィクヒ研究

イスラーム総合研究(一般の興味ある方も参加可能)
夕食
イシャー礼拝(終了)


アラブ・イスラーム学院が『ケイコとマナブ』に載りました。(2001年4月4日付)

『ケイコとマナブ』2001年5月号にアラブ・イスラーム学院の紹介記事が載りました。
     
back home next